【FC東京|新体制】ユニホームのコンセプトは「Next stage」。新たな胸ロゴは『XFLAG』に

【FC東京|新体制】ユニホームのコンセプトは「Next stage」。新たな胸ロゴは『XFLAG』に

2019.1.13 ・ Jリーグ

シェアする

 2019年1月12日、FC東京の新体制発表会が三鷹市公会堂で行なわれた。

 

 2019年シーズンのユニホームやトップチームの新加入選手(児玉剛、宮崎幾笑、中村拓海、渡辺剛、アルトゥール・シルバ)や新任スタッフ(長澤徹/コーチ兼FC東京U-23監督、佐藤由紀彦/コーチ、森下申一/GKコーチ、馬場浩平/アスレティックトレーナー)に加えて、昨季限りで現役を引退した梶山陽平の普及部コーチ就任も発表されるなど、同会場に集まった515人のファン・サポーターが楽しめるコンテンツが複数用意されており、盛大な会となった。

 

 この日は新10番の東慶悟をはじめ、髙萩洋次郎、林彰洋、波多野豪の4人でのトークセッションも開催されたが、そこで彼らが着用していたのが新シーズンのユニホームだ。デザインコンセプトは「Next stage」で、クラブ創設20周年という節目を超えて、21年目は新たなるステージの始まり、クラブの起源を大切にするとともに、さらなる進化を目指し、次のステージに進むという意味合いがある。

  そのユニホームの胸ロゴは、2019年シーズンから㈱ミクシィ内のブランド『XFLAG』になる。『XFLAG』は、ゲーム、スポーツ、アニメ、映画、リアルイベントなど、アドレナリン全開のバトルエンターテインメントを展開し、友だちや家族とワイワイ盛り上がれる場所を創出している。スポーツへの取り組みに関しては、「一人じゃできない熱狂を。」をスローガンに、スポーツの場での熱狂を、もっと気軽に、もっとエキサイティングに、ファン・サポーターの方々と一緒に作り上げていくのを目的として活動しているなかで、FC東京を胸ロゴという形で支えることになった。これを受け、㈱ミクシィの木村弘毅社長は新体制発表会の席でひとつの決意表明をしている。

 

「伝統あるFC東京の胸に私たちのロゴを入れさせていただきまして、ファン・サポーターの皆様、並びにクラブチームの皆様、本当にありがとうございます。非常に気の引き締まる思いであります。私が前回こちらでご挨拶させていただいたなかで、FC東京様を支えていくプロジェクトの名前を『No.12』(12人目の選手の意味)とさせていただいた、というお話をさせていただきましたが、その気持ちは変わっておりません。

 

 胸のスポンサーをさせていただくことで去年よりも、さらに金額面でも大きなサポートをさせていただく、それは当たり前のことといたしまして、それだけではなく、様々なマーケティングや集客などのお手伝いもしていきたいと思っています。これから首都クラブに相応しいチームになっていくためにはやはり永続的な補強であったりとか、あるいはそこに相応しい専用スタジアムが必要なのではないかと思っています。

 

 私たちだけでできる金銭的なサポートというのはやはり限られています。『No.12』、私たちもファン・サポーターとなりながら、多くの都民の方たちがスタジアムに足を運んでもらえる取り組みを考えていきたいです。そうやって収益を上げて、さらに強い選手を補強して、チームも強くなっていく。そんな取り組みを皆さんとやっていきたいと考えています」

  現在クラブスポンサー契約を締結している『XFLAG』は、今回新たにマーケティングパートナーシップを結んでいる。そのマーケティングパートナーシップの主な内容は、FC東京のファン・サポーター拡大や来場者満足度の向上などマーケティング活動全般のサポートをしていくというものだ。木村社長も、『XFLAG』がエンターテインメント領域で培ったノウハウを活かしたサポートを全力で行なっていくことを約束する。

 

「スタジアムに来ていただけるお客様に青赤横丁(フードコート)のようなエンターテインメントを提供されていますが、そういったものって私たちもすごく魅力的に感じます。集客において。そこをさらに強化していくようなお手伝いなんかができればと考えています。既存のファン・サポーターの皆様は当然クラブを強く愛してくれていますが、それ以外の都民の方に試合を見てもらいたい。あるいはスタジアムに来ていただいてみんなでワイワイと楽しんでもらいたい。それが永続的なクラブチームの発展につながっていくと考えておりまして、そういった取り組みをやっていくことがマーケティングパートナーとしてのひとつの責務と思っています」

  昨季の長崎戦(18年7月27日)では「XFLAG Day」として冠試合を実施。モンストユーザー(モンストは「モンスターストライク」の略称)を対象に5000組1万名様を無料招待するなど、サッカーに捉われないアプローチで話題を提供した。ちなみに、2019年シーズンのホーム開幕戦は3節、3月10日の鳥栖戦だ。この記念すべきゲームでどんなイベントが開催されるか、今から楽しみである。

 

 『XFLAG』など多くのスポンサーに支えられたFC東京が今季どんな形でファン・サポーターを喜ばせるのか。極上のエンターテイメントを期待したい。

 

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事