【東京V】禁断のFC東京行きから8年――。河野広貴が打ち明けた古巣復帰の理由と兄貴分としての自覚

【東京V】禁断のFC東京行きから8年――。河野広貴が打ち明けた古巣復帰の理由と兄貴分としての自覚

2019.1.20 ・ Jリーグ

シェアする

 レフティが8年ぶりに愛するクラブへ帰還した。

 

 河野広貴、28歳。東京Vの下部組織で育った男はプロ12年目のシーズンに古巣へ戻った。世代別代表でも活躍してきた河野は2008年にユースからトップへ昇格。以降はキレのあるドリブルで攻撃の中核を担い、“ヴェルディ”の未来を担う存在として多くの人から期待を懸けられてきた。


 一方でクラブはJ2から抜け出せず、苦しい時期の真っ只中。河野が移籍を視野に入れるのは至極当然の流れだった。

 

 そうした想いを抱えて迎えた2012年。河野は大きな決断を下す。東京VのライバルクラブであるFC東京に加わったのだ。以降は青と赤のキッドを纏い、己の技を研鑽。2017年の夏に鳥栖へ完全移籍したが、気が付けば東京Vを離れて8年の月日が経っていた。


 そして、迎えた今冬。河野は愛着あるクラブに出戻る形となった。

  過去の経緯があるだけに、サポーターの中には異を唱える人もいるだろう。河野も「サポーターも思っているところがあるはず」と自身の立ち位置を理解している。だが、“ヴェルディ”への想いは今も昔も変わらない。

 

「動けるうちにヴェルディに戻りたかったし、ずっと帰りたいと思っていた」

 

 そうした情熱は持ち続けてきた一方で、プレースタイルはかつての河野の姿から想像できないほど変わった。デビュー当時は自分の好きなドリブルしかせず、所かまわずに仕掛けていた。今は違う。仲間のために献身し、「多少プレースタイルが変わったと言われますけど、それはチームが勝つためにやっている。周りが何を言おうとも、必要なのはハードワークや守備」ときっぱりと言い切る。そう思えるようになったのも、”外の世界”を経験したからこそだ。

 

「外に出て感じたのは、ヴェルディの選手は自分のやりたいことをできるし、図抜けた個人技もある。でも、チーム全体を考えた時に自分だけ良くても勝たなければ意味はないし、周りのことを考えないといけない。攻守の切り替えも足りなかったなと思う。あれだけドリブルは良いと言われていましたけど、外に出てみたら、そうでもなかったんです」 河野にかつて見せていた独りよがりな一面はない。その姿勢は言葉にも現われている。

 

「若い選手にはヴェルディにいた時に分からなかったこと、外に出て分かったことはできるだけ伝えたい」

  縁あって今冬オファーが届き、河野は再び緑のユニホームに袖を通した。古巣をJ1復帰に導くためであれば、どんな苦労も厭わない。クラブからも「J1に上げるために頑張ってくれ」と伝えられており、チームリーダーとしても大きな役割を担う。8年前よりピッチ内外で大人になった男は頼れる兄貴分として、”ヴェルディ”が本来いるべき場所へ戻るために走り続ける。


取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)■2019年メンバーリスト ★=新加入

 

GK 

1 柴崎貴広

21 上福元直人

26 鈴木智幸★

34 長谷川洸


DF 

2 若狭大志

3 近藤直也★

5 平 智広

15 安在達弥★

17 李 栄直

22 永田拓也★

 

MF 

4 藤本寛也

6 井上潮音

7 渡辺皓太

8 内田達也

9 佐藤優平

16 森田晃樹★

19 小池純輝★

20 山本理仁★

23 田村直也

24 奈良輪雄太

33 河野広貴★

38 梶川諒太


FW

10 レアンドロ

11 林 陵平

18 端戸 仁★

27 ネマニャ・コイッチ★

30 ヴァウメルソン★

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画