「若い選手がどう思うか」 元日本代表の近藤直也は“東京VをJ1昇格に導く使者となれるのか

「若い選手がどう思うか」 元日本代表の近藤直也は“東京VをJ1昇格に導く使者となれるのか

2019.1.20 ・ Jリーグ

シェアする

 1月19日、東京Vが新体制発表会見を行なった。

 

 クラブ創立50周年のメモリアルイヤーをJ2で迎えた東京V。12年ぶりのJ1復帰を目指すべく、ギャリー・ジョン・ホワイト氏を指揮官に招聘し、新たなシーズンに向けてスタートを切った。

 

 今季の新加入選手は12名。その中でもっとも実績があるのは、千葉から完全移籍で加わった元日本代表の近藤直也だろう。

 

 今年で36歳を迎えるベテランCBは2002年に柏ユース(現・U-18)からトップチームに昇格。2年目に頭角を現わすと、長きに渡って守備の中軸として”太陽軍団”の最終ラインを統率してきた。2010年にJ2優勝、翌年はJ1を制して自身もベストイレブンを受賞。2016年からは千葉でプレーし、昨季は途中までキャプテンを務めるなど精神的支柱としてチームに欠かせない存在だった。

 

 また、国際舞台での経験も豊富。03年には大熊清氏が率いるU-20代表の一員としてワールドユース(U-20ワールドカップ)に出場し、2012年の3月にはA代表で初キャップを記録。クラブレベルでもアジア・チャンピオンズリーグやクラブワールドカップを戦っている。

 

 そうした経歴を踏まえれば、近藤に期待されている役割は明確である。広島に移籍した井林章の穴を埋める、チームの精神的支柱としての仕事だ。

 

 本人も意欲は十分で、「ジェフで得た経験はヴェルディに還元したい。若い選手が凄く育っているなかで、僕はJ1やJ2でいろんな経験をしてきた。一緒に切磋琢磨して、ともにレベルアップしていきたい」と話す。東京五輪世代の井上潮音、渡辺皓太、藤本寛也など成長著しい若手プレーヤーの手本役、守備の要人としてチームに貢献したいと意気込んだ。

 

 とりわけ、経験値を伝えるという点では、合流早々から近藤は高いプロ意識を見せている。柏や千葉時代と同様に早くからクラブハウスに姿を見せ、練習後は誰よりも残って身体のケアに努めている。「僕は1年目から早くに来て、遅くまでケアをするというのを17年間続けてきた。それはヴェルディに来てからも続けていますし、その姿を見て、若い選手がどう思うかですね」

  大ベテランの立ち振る舞いを見て、若手はなにを感じるか。学ぶべき点は大いにある。「最後のサッカー人生を掛けるつもりで来たので、またこのメンバーで来年J1を戦えるようにしたい」と近藤。新天地で新たなチャレンジを始めた背番号3がJ1昇格の使者になるかもしれない。


取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)■2019年メンバーリスト ★=新加入

 

GK 

1 柴崎貴広

21 上福元直人

26 鈴木智幸★

34 長谷川洸


DF 

2 若狭大志

3 近藤直也★

5 平 智広

15 安在達弥★

17 李 栄直

22 永田拓也★

 

MF 

4 藤本寛也

6 井上潮音

7 渡辺皓太

8 内田達也

9 佐藤優平

16 森田晃樹★

19 小池純輝★

20 山本理仁★

23 田村直也

24 奈良輪雄太

33 河野広貴★

38 梶川諒太


FW

10 レアンドロ

11 林 陵平

18 端戸 仁★

27 ネマニャ・コイッチ★

30 ヴァウメルソン★

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画