【岩本輝雄】沖縄キャンプ取材で、王者フロンターレ3連覇の可能性を探る

【岩本輝雄】沖縄キャンプ取材で、王者フロンターレ3連覇の可能性を探る

2019.2.12 ・ Jリーグ

シェアする

 2月上旬、多くのJクラブがキャンプを張っている沖縄に二泊三日で行ってきた。この時期は各地でトレーニングマッチが組まれていて、すべてを見ることはできなかったけど、5日のグランパス対コンサドーレ、6日のフロンターレ対ヴェルディという”好カード”を取材することができた。

 

 かなりいい感じで仕上がっているなと思ったのが、コンサドーレだ。ミシャが落とし込む戦術も、昨季以上に完成度が高くなっているんじゃないかな。

 

 パスの受け方、味方へのサポートなど、個々のポジショニングが抜群に良くて、だからこそ、ボールを良い位置に運ぶことができていた。ビルドアップにしても、単純に縦につけるだけでなく、たとえばCBから少し角度をつけて斜めに入れるとか。

 

 前線にもよくボールが収まるから、2列目からどんどん選手が飛び出して、厚みのある攻撃を繰り出せる。相手ゴール前での崩しのバリエーションも豊富で、福森がキッカーを務めるセットプレーも脅威だった。

 

 気になったのは、カウンターをくらった時の守備がもう少し整備されていれば、という点だけど、何よりも攻撃的でアグレッシブなコンサドーレのサッカーは、見ていて楽しい。これはお客さんを呼べるな、と改めて思った。失点しても、それ以上に得点する。今季はさらにゴールシーンが増えて、上位争いに食い込んできそうな予感がした。

 

 グランパスも同じように、攻撃重視のスタイルだけど、コンサドーレに比べると、新外国人を含めて、全体的にまだフィットし切れていない印象を受けた。ジョーや前田などは相変わらず怖さを感じさせてはいた。ただ、チームとしては攻守のバランスを少し欠いていたかな。点は取れるけど、今のままだと、失点のリスクが高いかもしれない。開幕までに風間監督がどう調整してくるか。そして、新加入の米本や千葉がどこまで馴染めるか。そこは楽しみだね。


 フロンターレに関しては、エウシーニョが抜けた右SBがどう機能しているかに注目した。個人的には、このポジションがフロンターレのサッカーのひとつの”肝”だとも思っている。あの洗練されたパスサッカーの中で、エウシーニョは高い位置を取って攻撃にアクセントを加えるし、中に入ってゲームメイクもこなす。キープ力もあるから、そこで時間を作って、憲剛や大島、家長を良い状態にさせて、ポゼッションを高められる存在でもある。

 

 そんなエウシーニョの後釜候補として、マギーニョというブラジル人が加入したけど、前任者の穴を完璧にはまだ埋め切れていない。前への推進力あるプレーはわりと良かった。問題はそれ以外のプラスアルファの部分でどれだけアピールできるか。このポジションがハマってくれば、3連覇の可能性はグッと高まるはずだ。

 

 最後に、ヴェルディについてだけど……フロンターレ戦は0-5と大敗したように、現時点で判断するなら、今季はかなり苦戦を強いられそうだ。

 

 ロティーナが退団して、ホワイト新監督の下、どんなチームに生まれ変わるのか。そこはすごく楽しみにしていたんだけど、厳しい言い方をすれば、”何も見えてこなかった”。

 

 前政権では緻密な守備戦術がひとつの特長だったけど、その蓄積はほとんど感じられず、攻撃の形もアバウト。新体制でのスタートだけに、試行錯誤はあるとは思う。それでも、チーム作りは思うように進んでいないのではないか。若くて将来有望な選手が多いだけに、個人的には注目しているし、期待しているんだけど……。

 

 最後に、今回の沖縄取材で一番の収穫について触れたい。それは、元バルサのデコに会えたこと! 彼は今、代理人をやっていて、ちょうど沖縄に来ていて、知人を通じて紹介してもらったんだ。

 

 バルサファンの僕としては、感動したね。自慢のスペイン語を駆使していろいろと話ができたうえに、「ポルトガルに来た時は、ぜひ連絡をしてくれ」とまで言ってくれた。

 

『フットボールトラベラー』を肩書とする僕としては、またさらに世界が広がるチャンスを得たわけで、今年もまた、時間を見つけてはヨーロッパに足を運び、最先端のトレンドを学んで、日本のサッカーを盛り上げることに少しでも貢献できればいいなと思っている。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事