新・タイ代表三銃士を直撃!! スーパーサイヤ人に変貌したチャナティップにイメチェンを決意させたのは?

新・タイ代表三銃士を直撃!! スーパーサイヤ人に変貌したチャナティップにイメチェンを決意させたのは?

2019.2.17 ・ Jリーグ

シェアする

 新シーズンの幕開けを告げる「2019Jリーグキックオフカンファレンス」の会場は、開幕が待ち切れない業界関係者が大挙して混沌としていた。筆者もご多分に漏れず、新たなシーズンの香りを嗅ごうと足を運んだ。

 

 取材のおもな目的は、昨年Jリーグベストイレブンを受賞したチャナティップをはじめ、アジアカップでも活躍したタイ代表選手3名から話を聞き出すことだ。この日、前記の大盛況で長蛇の列を成したクラブブースを眺めたじろいでいたところを、各所属クラブ好意のもと、単独取材が許される。幸先の良いシーズン滑り出しに安堵した。

 

 ティーラシンが契約満了となり所属元へ戻ったものの、新たにタイ代表MFのティティパンが大分トリニータへ加入。リニューアルされた“新・タイ代表三銃士”に今季へ向けた抱負を聞かせてもらった。



――◆――◆――

 

ティティパン・プアンチャン(大分トリニータ/MF)

 

――タイでは多くの強豪クラブを渡り歩いたあなたが、6年ぶりにJ1へ復帰した大分でプレーすることを選びました。どのような移籍経緯があったのでしょうか?

 

「自らが成長できる環境というのが一番重要でした。3シーズンでJ3からJ1まで駆け上がってきた実状を聞いて、このチームでなら、さらに成長できるだろうと決心しました」

 

――今回の移籍には、チャナティップ選手の存在が影響したとか?

 

「Jリーグでプレーすることは私にとっての夢でしたが、成功する自信が持てていなかったんです。そこに同い年で仲の良いチャナティップがJリーグで活躍しているのを目の当たりにしたことで“自分も挑戦してみたい”と強く思えるようになり、また心境の変化にも彼が影響したことは事実です」

 

――背番号は「44」。何か思い入れはあるのですか?

 

「今までも付けることが多かった私のラッキーナンバーである“8”にこだわりを持っているのですが、すでに埋まっていたんです。ならば足して“8”になるこの番号をと、自ら選択しました」

 

――闘志あふれるプレースタイルとは似つかわしくない童顔。そのギャップに女性ファンからの人気も高まりそうな気がします。

 

「それはとても嬉しいですが、ピッチでのプレーに集中させてください(恥笑)。自分らしいプレーでチームに貢献できるよう頑張ります」

 ティーラトン・ブンマタン(横浜F・マリノス)

 

――今回の移籍、どのような経緯があったのか聞かせていただけませんか?

 

「昨季終了後にタイへ戻った時には、正直また日本でプレーできるとは思っていなかったんです。そんな中で名門クラブが声を掛けてくれた。嬉しくて迷わず決めました」

 

――昨季は神戸、今季は横浜。”港町”に縁がありますね?

 

「海が好きですし、また今年も海の近くで生活できることは喜びです。この巡り合わせは神様の導きなのだと思っています」

 

――背番号は“5”。自ら選ばれたのですか?

 

「はい、一桁が好きなので選ばせてもらいました」

 

――横浜F・マリノスは一時代を気付いた名門クラブのひとつ。ファンのプレッシャーは良くも悪くも大きいと思いますが。

 

「宮崎キャンプにも遠く離れた横浜から多くのファンが来てくれて、温かい声援をたくさん掛けてもらった。ビッククラブへ加わったことを実感し、身が引き締まる思いでいます」

 

――チームカラーは、タイ代表と同じ“ブルー”。慣れ親しんだ色を身に纏ってプレーできることは、良いイメージへ繋がる材料になるのでは?

 

「確かに代表でもクラブでも“ブルー”を着ていることが多かったですし、私のラッキーカラーなのかもしれないといま気が付かされました(笑)。チームファーストで頑張りますよ。期待していてください」

 

 

チャナティップ・ソングラシン(北海道コンサドーレ札幌)

 

――アジアカップへ向かう前、あなたはスーパーサイヤ人(銀髪)へと変貌し世間を騒がせました。どんな意図があったのですか?

 

「ティーラシン(ムアントン・ユナイテッド/昨季広島に所属)が『イメチェンしてみたら?アグエロみたいな感じが良いんじゃない?』とアドバイスしてくれたんです。ならばとUAEへ行く前に美容院でやってもらったんです」

 

――昨季リーグ終了後から、各所に引く手数多な状況が続きました。正直休めていないでしょうが、これもスーパースターの宿命ですね?

 

「(苦笑)大丈夫、頑張りますよ」――昨季はJ1ベストイレブンを受賞しましたが、それ以上となるとMVPしかないですね?

 

「個人タイトルよりも、チームタイトルを獲りたい気持ちが本当に強いんです」

 

――今季の新加入メンバーは7名。オフェンシブな選手が多い印象です。開幕まで10日を切りましたが、連係も含めたチームの仕上がり具合が気になりますが?

 

「昨季よりもより超攻撃的な布陣になるのだろうと私自身も予想しています。連係の部分もキャンプや練習で調整しているので、楽しみにしていてください」

 

――最後に今季へ向けた意気込みを聞かせてください。

 

『(本人が日本語で)コトシ、ツヨイキモチネ。アト、ACLイキタイ。サポーター、オウエン、オネガイシマス。ボク、コンサドーレ、ガンーーーバリマスッ!!』

 

――◆――◆――

 

 皆が揃って「チームの為に」と強く発信した想いが妙に嬉しくなった。会場では多くのタイメディアも取材に奔走していた。開幕戦まで一週間を切り、本国タイでの注目も日に日に高まっている。

 

取材・文●佐々木裕介(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事