もっとも"効果的"な補強をしたクラブは?優勝候補は川崎、浦和、鹿島の3強だが…

もっとも"効果的"な補強をしたクラブは?優勝候補は川崎、浦和、鹿島の3強だが…

2019.2.22 ・ Jリーグ

シェアする

 編集部からのお題は“効果的な”補強をしたチーム――。ビッグネームを獲得したチームでも、大型補強を敢行したチームでもない、というのがミソだろう。

 

 もちろん、ネームバリューやインパクトを考慮すれば、FWダビド・ビジャを獲得したヴィッセル神戸、ゼロックス・スーパーカップでさっそくFWレアンドロ・ダミアンが存在感を放った川崎フロンターレ、FW杉本健勇、DF山中亮輔、DF鈴木大輔、MFエヴェルトンら実力者を獲得した浦和レッズの名前が浮かぶだろう。

 

 でも、それでは面白くない――というのが、編集部の意図のはず(だと勝手に解釈)。どのチームもそれなりに効果的な補強をしているのは承知のうえで、そのなかでも「なるほど!」とうならされた補強を行なった3チームを挙げてみたい。

 

 良い補強をしたというイメージが真っ先に浮かぶのが、清水エスパルスだ。昨季、ヤン・ヨンセン監督を迎えた清水は北川航也、ドウグラス、金子翔太の3人がふた桁得点をマークした。これは優勝した川崎でも成し得なかった記録で、クラブの歴史においても1998年に澤登正朗、オリバ、アレックス(のちの三都主アレサンドロ)の3人が記録して以来、実に20年ぶりのことだった。

 

 その3人に左サイドハーフの石毛秀樹を加えた前線のカルテットはそのままに、彼らを支える中盤から後ろをしっかりと補強した。ボランチのヘナト・アウグストとセンターバックのヴァンデルソンをブラジルのクラブから、右サイドバックのエウシーニョを王者・川崎から迎え入れたのだ。

 

 ドウグラスが不整脈のために出遅れたのは誤算だったに違いないが、その穴は鄭大世が埋めるはず。ポジション別の選手層にバランスが取れたのは間違いない。

 

 続いて2チーム目は、FC東京だ。昨季の34失点は川崎の27失点に続き、サガン鳥栖と並んでリーグ2番目に少ない数字だった。しかし、39得点は下から4番目の少なさだったため、長谷川健太監督は今季、「失点数はそのままで、得点数を15増やす」と目論んでいる。それゆえ、補強ポイントも明確で、清水とは反対に、攻撃陣を補強した。

  前線には東京五輪代表のFW田川亨介を鳥栖から獲得。2列目には横浜F・マリノスで半年間、武者修行を積んだMF久保建英がたくましくなって帰還した。さらに、活躍しそうなのが、現役韓国代表のMFナ・サンホだ。技術、スピードに優れ、練習試合の名古屋グランパス戦ではパンチ力のあるミドルシュートも叩き込んでいる。

 

 それだけではない。ツエーゲン金沢から加入した21歳のMF宮崎幾笑も将来最豊かな攻撃的MFだが、なんといっても注目なのは、2月19日に獲得が発表されたFWジャエルだ。

 

 まるでラグビー選手のような体躯を誇り、力強いポストワークとパワフルなシュートを武器にする。その強さは、ブラジルはおろか、南米でも際立っており、ディエゴ・オリヴェイラと2トップを組むことになれば、破壊力は間違いなくリーグ屈指だろう。

 

 最後の1チームは、神戸だ。いやいや、最初に否定したじゃないかと思うなかれ。非常に効果的だと感じたのはビジャのことでも、山口蛍のことでもなく、右サイドバックの西大伍の獲得なのだ。

 

 鹿島ではボランチをこなしたように、西の魅力は落ち着いたパスワークとゲームメイク力にある。右サイドで攻撃の組み立てに加わり、斜めにくさびを入れて、敵の急所をえぐる。

 

 こうしたプレースタイルは同業者からの評価も高く、例えば昨季、横浜で偽左サイドバックとして活躍した山中は「プレッシャーを掛けても平然とした表情でパスを繋ぐ。ビルドアップ能力が凄い」と舌を巻く。まさに、ファン・マヌエル・リージョ監督の志向するスタイルにフィットした選手で、インサイドハーフのイニエスタや三田啓貴にとって頼もしい存在になるはずだ。

 

 もちろん、ここに挙げた3チームが3強というわけではなく、あくまでも個人的に「効果的な補強をした」と思えるチーム。やはり、川崎、浦和、鹿島の3強を中心にリーグは展開されるだろう。

 

 とはいえ、例年にも増して各クラブの戦力差が縮まったようにも感じられ、王者・川崎とて、うかうかしてはいられないだろう。ストップ・ザ・フロンターレを成し遂げるのは果たして、どこのクラブか。25周年を迎えるJリーグがいよいよ開幕する。

 

取材・文●飯尾篤史(スポーツライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事