霜田レノファでついにブレイク!? 一度は“消えかけた天才”吉濱遼平に爆発の予感が漂うワケ

霜田レノファでついにブレイク!? 一度は“消えかけた天才”吉濱遼平に爆発の予感が漂うワケ

2019.3.15 ・ Jリーグ

シェアする

 攻撃的なサッカーを展開しJ2でも異彩を放つレノファ山口FCの指揮官・霜田正浩の持つ言葉の力に引き寄せられて、オレンジ色のユニホームに袖を通すことを決めた選手は多いのではないだろうか。

 

 今季、町田から完全移籍をした吉濱遼平もそのひとりである。

 

「霜さんと1時間くらい話をして、いつも自分のポジション(4−3−3のインサイドハーフ)は7番と8番と言われているのですけど、そのプレーモデルはこうこうこうで、こういうプレーをしてほしいと。ベルナルド・シウバの映像を見せてもらって、こういうプレーをしてほしいとも言われて。やりがいもあるし、そういう映像を見ながらどれだけ自分が結果を残せるか、と。自分が考えている理想のチームに来れたなと思いました」

 

 後出しのようになるが、この移籍の報を聞いた時は、クラブと選手にとって“双方良し”になると確信した。そして、例えばこのクラブから小野瀬康介がG大阪へ羽ばたいたように、彼もまた“山口経由”でステップアップする選手になるかもしれないと、強く感じたものである。

 

 ただ、この移籍に高揚感を抱いた者は、それほど多くないかもしれない。というのも、この26歳のレフティについては、これといった華々しい経歴があるわけではない。アンダー世代で目立った活躍をしたこともないどころか、成長過程における重要な高校年代で1年半ほどサッカーから離れていた時期もある。そんな非常に珍しい経歴の持ち主なのだ。

 

 ただ、いわゆる“才能”はあった。野球出身である父親が買ってきた野球ボールを手に取ることなく足で蹴り続け、それを見た母親がサッカーボールを幼少期の吉濱に与えたことがサッカー人生のスタートだった。地元である川崎のクラブチームでも際立った存在となり、中心選手として活躍を続け、川崎フロンターレのスクールへも入団。

  その中でも「小1、2くらいから小5や小6と一緒にやっていた」というほどの存在感を示していたという。言うまでもなくそのままU-15、U-18と歩んでいったのだが、高校1年の時に「いろいろヤンチャをして」チームを退団。前述したとおり、その後はサッカーから離れた生活を送るという破天荒ぶりだった。

 

 しかし、彼が通っていた高校の先生がサッカーを続けることを強く薦め、「11人いるかいないか」のサッカー部でプレーを再開。先生の後押しもあり、大学でもサッカーを続けることになった。

  そして転機が訪れる。エリア的に近い湘南と練習試合をした際にゴールを奪い、その活躍が湘南の曺貴裁監督の目に止まったのである。ちなみに曺監督は川崎の下部組織に関わっていた際、吉濱を指導した経験があった。

 

「僕は彼が小学校の時に少し関わっていて。もともと負けず嫌いでレフェリーにもいろいろと言ってしまうようなところもあった」と当時は振り返っている。

 

 そしてそのまま特別指定選手となり、デビュー戦で初ゴールも記録。翌年、正式契約を結んで晴れてプロサッカー選手となった。

 

 だが、その後は要所要所で卓越した技術を見せていたものの、シーズンを通じて定位置を掴むまでに至らず移籍を繰り返すことに。初の完全移籍先となった群馬では同い年の江坂任(大宮)と共に攻撃の中心選手としてアンタッチャブルな存在となり、未来を期待されたものの、最終節で前十字靭帯断裂の大怪我を負い、翌シーズンをほぼ棒に振ってしまった。その後に移籍した町田でも出場機会はあったものの、自身のストロングポイントとチーム戦術がマッチせずに苦しんだ。

 

 それまでのプロ生活を次のように吉濱は振り返る。

「湘南も良いサッカーをしていたけど、自分にぴったしハマるかと言われたら、そうではないし、群馬では自分主導でやりやすく動けていたから、それは結果を出せて当たり前だった。町田では組織的だったけど自分のサッカー観とは真逆のことをしていた」

 

 

 そして、山口にやってきた。

 

「全盛期」と自虐的に形容する中高時代を振り返り「同世代で自分よりうまいと思った選手はほとんどいなかった」と豪語するほど技術には自信を持っていた吉濱。とにかく攻撃に絡んでボールを触ることに快感を得るタイプのこの選手にとって、霜田監督の山口は最高の場所だった。

 「ボールを握るであったり、ポジショニングで優位に立つみたいな、シティやリバプールに近いサッカーを目指してやっているんですけど、自分自身、プロ生活の中で一番サッカーの試合を見て勉強をしているし。それが面白いというか。シティとリバプールしか見ないですけど、その中で“ここに立ったらここを崩せるのか”と。もちろん現実とイメージのギャップはありますけど、そういうところに立って崩せたときもある。成長しているなと思います」

 

 狭いところでも自信を持ってさばける足もとの技術と、意外性と精度の双方を持ち合わせた左足のキックは努力で真似できるタイプのものではない。そして今季は開幕からの3試合すべてに先発出場を果たし、1ゴール・1アシストと結果を残している。

 

「自信を活かせるところにきたし、若くて良い選手もいますけど、技術的には負けていないと思っています。“自分が上にいる”と練習から思っています」

 

 プロ入り直後に比べれば、いくぶん口調は和らいだものの、技術に対する自信は健在だ。 この山口という場所が、一度は消えかけた“天才”を復活させる場所になるかもしれない。

 

取材・文●竹中玲央奈(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事