【横浜】新戦力・中川風希ってどんな選手? 前所属琉球のチームメイトに訊いてみた

【横浜】新戦力・中川風希ってどんな選手? 前所属琉球のチームメイトに訊いてみた

2019.3.15 ・ Jリーグ

シェアする

 3月15日、横浜F・マリノスは琉球からMF中川風希の移籍加入を発表した。

 

 期待の新戦力は埼玉県出身の23歳で、県内の強豪校・武南高から関東学院大に進学。卒業後はスペインに渡り、バジェカス(5部)、サン・イシドロ(4部)でプレー。その後、2017年に琉球に加入し、昨季は16得点・10アシストのハイパフォーマンスを披露し、チームのJ3初優勝に大きく貢献した。今季も不動のレギュラーとしてピッチに立ち、琉球の開幕3連勝の原動力となっていた。

 

 プレースタイルとしては、チャンスメーカーにもフィニッシャーにもなれるタイプで、相手のバイタルエリアで持ち味を発揮。質の高いラストパスを供給し、自らも果敢に仕掛けるなど、非凡な攻撃センスの持ち主だ。エリア内での巧みなポジショニングにも定評がある。

 

 そんな中川について、元チームメイトのFW鈴木孝司は「一緒にやっていてやりやすかった。スペインでのプレー経験があるだけに、足もと(の技術)もある。横浜でも全然やれるレベルにあると思う」と太鼓判を押す。

 

 またMF富所悠は「急な発表で驚きましたね。チームにとって大きな存在だった」と正直な気持ちを話す一方で、「若くて技術もある」と評価する。

 

 両者のコメントに共通するのは“技巧派”ということ。横浜での起用ポジションは、おそらくインサイドハーフとなるか。スペイン仕込みのテクニックを武器に、天野純や三好康児、大津祐樹ら実力者たちとの熾烈なポジション争いに挑む。

 

構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事