今年のFC東京はひと味違う?久保建英のトップ下起用で変わった潮目

今年のFC東京はひと味違う?久保建英のトップ下起用で変わった潮目

2019.3.15 ・ Jリーグ

シェアする

 FC東京は、1年前とは対照的な好スタートを切った。昨季はリーグ開幕から3試合終了時点で、奪った勝点はわずか1。これは、クラブ史上最悪のスタートでもあった。

 

 一方で、今季は2勝1分けと順調に勝点7を積み上げ、現在2位につけている。

 

 長谷川健太監督1年目となった昨季は出鼻を挫かれたものの、初勝利を挙げた4節・湘南戦以降は勝点を伸ばし、前半戦を2位で折り返した。だが、夏場に失速。結果的に、6位でシーズンを終えている。

 

 その失速の要因は、複数あるだろう。ディエゴ・オリベイラ、永井謙佑に次ぐ得点源の不在、守備ブロックを固めた相手に対する攻撃オプションの不足。そして、若手が頭角を現し、下降線を辿るチームを勢い付かせることもできなかった。

 

 そうした先送りとなっていた課題克服に、一筋の光が見えてきたのがJ1・3節のサガン鳥栖戦だった。今季ホーム開幕戦となった、この試合の前半は開幕から調子の上がらない鳥栖にお付き合いし、低調な試合内容に終始してしまった。悪癖と言うべき、“らしい”試合内容にため息が漏れ聞こえた。

 

 指揮官は、ロッカールームに戻ってきた選手たちに問い掛けた。

 

「何をやっている。ここはホームだろう。サポーターたちの期待に勝利で応えないでどうする」

 

 このゲキでようやくギアが上がった後半、FC東京は攻勢に転じた。鳥栖に退場者が出ると、その勢いはさらに増した。

 

 しかし、ゴールは遠い。今季初勝点を挙げようとする鳥栖の守りにはね返され、スコアレスドローの色は濃くなり始めた。残り時間が削られていくなかで、ベンチから指示が飛ぶ。長谷川監督は、久保建英をトップ下に配した、4-3-1-2へとシステム変更を決断する。指揮官は、昨季就任直後から「基本システム(4-4-2)以外に、もうひとつ形を持ちたい」と語っていたが、4-3-1-2や、4-2-3-1といった並びに挑戦しながらも、満足のいく成果を挙げることはできなかった。

 

 だが、この日は、これが奏功した。「建英をトップ下に入れて、相手の嫌がるところでボールを受けて変化が出た。少し相手を崩した形でクロスが入るようになっていった。そこからオウンゴールにつなげることができた」(長谷川監督)。

  オウンゴールでゴールをこじ開けて待望の先制点を挙げると、試合終了間際には追加点も奪った。カウンターから久保が左サイドを抜け出すと、味スタデビュー戦のジャエルが巧みな動きだしからゴール前でフリーに。そこに、久保が絶妙なパスを通してダメ押しゴールが生まれた。

 

 D・オリベイラ、永井に代わる得点源として期待が懸かるジャエルに得点が生まれ、開幕から出場機会を得てきた久保にもアシストが記録されたことは大きい。喫緊の課題解決へ、FC東京が示したのはあくまでも可能性だ。まだまだ長いシーズンは幕を開けたばかり。「はじまり」があって「まんなか」を抜けて「おわり」を迎える。ここで示した可能性が、どう進化するのか。その過程を近くで楽しむのも、Jリーグを見る楽しさでもあるはずだ。

 

取材・●馬場康平(フリーライター)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事