新潟で勃発した"助っ人サバイバル"!「4枠を7人」で争う構図を用意した意図は?

新潟で勃発した"助っ人サバイバル"!「4枠を7人」で争う構図を用意した意図は?

2019.3.21 ・ Jリーグ

シェアする

 今季2勝目を挙げた4節・横浜FC戦は、外国籍選手をめぐる「初」が続いた。ガイナーレ鳥取から加入した昨季J3得点王のFWレオナルドが、自ら獲得したPKを決めて、新潟初ゴール。MFシルビーニョが初先発。「キャリアで一番、良いパフォーマンスができていた新潟で、もう一度プレーしたい」とチーム始動前日に再加入したチョ・ヨンチョルが、途中出場し、8年ぶりにプレー。さらに開幕から4試合連続でフル出場し、89分に劇的な決勝ゴールを決めたカウエを含め、チームとして1試合でプレー可能な外国籍選手4枠を、初めてフル活用した試合になった。

 

 4枠を、今季のチームはブラジル人6選手、韓国人のチョ・ヨンチョルの7人で競う。さらに、チーム全体の登録選手は33名という大所帯だ。チームにとって、前年から同じ監督が率いるのは4年ぶりとなる片渕浩一郎監督の選手起用は、長いシーズンを戦う上での重要なカギとなる。

 

 選手個々の力をフルに生かし、勝利をめざすのが当然の前提だ。だからこそ、外国籍選手の出場4枠は、常に保証された『特区』ではない。外国籍籍選手の中で競争するのと同時に、日本人選手とも競い合う構図がそこにある。実際、開幕の京都サンガF.C.戦でメンバーに名を連ねたのは、先発したカウエとレオナルドの2名のみ。2節・千葉戦では、そこに初めてベンチ入りしたシルビーニョが加わり、3節・柏戦ではシルビーニョが途中出場して新潟デビューを果たした。そして4枠を初めてフル活用した、4節の横浜FC戦である。

 

 例えばレオナルドに注目するとき、『特区』は存在しないことがよく分かる。チャンスに何度も絡みながら無得点に終わった千葉戦のオフ明けには、片渕監督は居残りでのシュート練習を命じ、さらに続く柏戦でも不発と見るや、翌週の練習後に通訳を交えたマンツーマンで青空ミーティングを実行。「去年のJ3の得点王であろうが、我々には関係ない。必要なのは今、結果を出せるストライカー。途中交代の時間も早くなってきているし、レオ自身、危機感を持っていると思う」と、ハッパを掛けた。

  突き放すだけではない。指揮官は、「レオも自分の起用法に納得してはいないだろうが、やるべきことを理解しようとする姿勢はしっかりある」と、取り組みについて評価している。ここ数年のブラジル人選手は、自発的な理解とチームへの適応という点で物足りなく、力を発揮し切れなかった。今年は、すでに異なる雰囲気がチームを包む。しっかりとしたディシプリンが、貫かれている。

 

 指揮官の期待に応えるかのように、横浜FC戦でレオナルドは、MF戸嶋祥郎のロングパスに抜け出し、飛び出してきたGK南雄太をかわしてペナルティエリア内へ侵入し、倒されて得たPKをゴール左に決めてみせた。

 

 この試合も59分に矢野貴章と交代したレオナルド。パフォーマンスの低調さが理由ではなく、相手最終ラインへのプレッシャーと、アンカーのマーキングというふたつの役割に忠実であろうとはするものの、バランスが悪かったが故の戦術的な交代だった。

 昨シーズンは1年でのJ1昇格を標榜しながら、終わってみれば16位。謙虚に現実を受け止め、その立ち位置から昇格を目指す片渕監督は、非常にリアリスティックで手堅いチームを構築しつつある。守備から入るサッカーは、派手に打ち合って試合を制するようなものではない。その代わり、見応えは十分だ。これから、よりチームにフィットした外国籍選手たちが、そこに彩りを添えていく。

 

取材・文●大中祐二(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事