【J2まとめ】代表GK不在の柏が初黒星。”好調”水戸は2戦連続ドロー、福岡は待望の今季初勝利!

【J2まとめ】代表GK不在の柏が初黒星。”好調”水戸は2戦連続ドロー、福岡は待望の今季初勝利!

2019.3.23 ・ Jリーグ

シェアする

 3月23日、J2の5節が各地で行なわれた。


 この日、開催されたのは6試合。開幕4連勝中の柏はホームで岡山と対戦。日本代表に招集中のGK中村航輔を欠くなか、染谷悠太と大卒ルーキー上島拓巳のCBコンビを中心に粘り強く守り、得点を与えない。


 ただ、この日は瀬川祐輔やクリスティアーノなどが精彩を欠き、攻撃陣が不発。終盤までスコアレスで進むと、82分に一瞬の隙を突かれてしまう。ゴール前のルーズボールに岡山のイ・ヨンジェが反応。冷静にシュートを決め切り、これが決勝点。柏は0-1で敗れ、今季初黒星を喫した。一方の岡山は暫定で6位に浮上している。


 開幕から快進撃を続ける水戸は敵地で大宮と相まみえ、1-1で勝点1を掴んだ。水戸は0-0で迎えた47分に大卒ルーキー・村田航一のJ初ゴールで先制に成功。終盤までリードを守ったものの、80分に途中出場の大前元紀にネットを揺らされて追い付かれた。水戸は開幕3連勝のあと、2試合連続でドロー。依然として負けなしをキープしている。

  その他の上位陣では甲府が金沢と1-1で引き分け。J最年長出場記録を更新した三浦知良に注目が集まった横浜FCは、イバと松浦拓弥のゴールで岐阜に快勝。今季2勝目を挙げている。


 昇格候補と目されながら、最下位に低迷する福岡は新潟を撃破して今季初勝利。84分に石津大介の左CKにヤン・ドンヒョンが合わせ、このゴールを最後まで守り切った。C大阪から3月に加入したヤン・ドンヒョンは2試合連続得点。元韓国代表の実力を如何なく発揮し、チームを救う活躍を見せた。


 1年でのJ1復帰を目指す長崎は愛媛に対し、1-0で勝利。10分にチェ・キュベックが決めた先制点を守り切り、今季2勝目を手にしている。

 

 残りの5試合は明日24日に開催。J2昇格初年度で首位を快走する琉球は開幕5連勝を懸け、アウェーで山形と対戦する。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事