【J1採点&寸評】大分2-0仙台|シュート5本の大分が決定力を発揮! 対照的な仙台は14本を放つも空砲に…

【J1採点&寸評】大分2-0仙台|シュート5本の大分が決定力を発揮! 対照的な仙台は14本を放つも空砲に…

2019.4.15 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ7節]大分2-0仙台/4月14日(日)/昭和電工ド

 

【チーム採点・寸評】

大分 6.5

相手に流れがある時間は辛抱強く守り、隙あらば攻撃に出た。シュートは5本だったが、決定力の高さを示し、90分で試合を成立させた。



【大分|採点・寸評】

GK

1 高木 駿 6.5

自らのミスから絶体絶命のピンチをファインセーブ。4度ビックセーブで無得点に貢献。

 

DF

5 鈴木義宜 7

安定感抜群。相手2トップに仕事をさせず、シュートブロックで危機を救う。

 

6 福森直也 6.5

攻撃的な右サイドとのバランスを保ち、黒子に徹し、隙のない守備で無失点に貢献。

 

MAN OF THE MATCH

29 岩田智輝 7

積極的なオーバーラップとサイドの崩しに参加し、ゴールに迫った結果、貴重な先制点を奪う。

 MF

4 島川俊郎 6.5

今季リーグ戦初先発ながら高パフォーマンスを披露。システム変更がハマった。

 

7 松本 怜 6

持ち前のスピードを要所で発揮。ペナルティエリア内に侵入して決定機を作った。

 

19 星 雄次 6(80分OUT)

攻め上がりは少なかったが正確なクロスでシュートまで持ち込む。負傷で交代が心配。

 

32 前田凌佑 6.5(89分OUT)

システム変更後はボールに絡む回数が増え、最後まで運動量も落ちずバランスを保った。

 FW

10 藤本憲明 6

チャンス自体は少なかったが巡ってきたチャンスで決定的な仕事をやってのけた。

 

14 小塚和季 6

しっかり役割を理解し潤滑油になるだけでなく、ドリブルで攻撃のアクセントをつけた。

 

27 三平和司 6(61分OUT)

先制点はサイドに開き、絶妙のタイミングで折り返し、岩田の得点をお膳立てした。

 交代出場

FW

オナイウ阿道 6.5(61分IN)

シンプルに背後を狙うことで怖さが増した。待望の今季初得点は試合を決定づけた。

 

MF

23 高山 薫 -(80分IN)

負傷の星に代わった直後から精力的に上下動し、左サイドを活性化した。

 

MF

20 小手川宏基 -(89分IN)

ボールに絡むことはなかったがクローザーの役割をまっとうした。

 

監督

片野坂知宏 6.5

相手の出方を窺い、中盤で劣勢を強いられると。前半途中で3ボランチに守備を安定させた。

 【チーム採点・寸評】

仙台 6

前半から積極的にボールを奪い、攻撃につなげた。相手のシステム変更に対して混乱はなかったが、フリーの状態でシュートに持ち込めなかった。

 

【仙台|採点・寸評】

GK

1 シュミット・ダニエル 5.5

相手のクロスによく反応していたが痛恨の2失点。懸命なセービングも届かず。

 

DF

13 平岡康裕 5.5

大分のストロングである右サイドの崩しを防ぐことができず、守備に追われた。

 

33 常田克人 5

シュート5本に抑えたが、わずかな隙を突かれた。2失点目はつり出された。

 

39 金 正也 5.5

システム変更で2トップとなった相手に手を焼く。懸命のスライディングも及ばず。

 MF

17 富田晋伍 6

巧妙に位置どりで相手をぼかし、次々とパスを供給して攻撃のリズムを作った。

 

6 兵藤慎剛 5(73分OUT)

3ボランチとなった相手にスペースを消され、思うようなプレーできなかった。

 

4 蜂須賀孝治 5.5

右サイドで起点を作り、ボールのあるところに顔を出すも効果的な攻撃は少なかった。

 

14 石原崇兆 5.5

ポジションにとらわれず中央でパスを受けて攻撃に絡んだが決定機は作れなかった。

 FW

9 ハモン・ロペス 5.5

後半に入り存在感示すが4本のシュートはゴールを揺らすことはなかった。

 

15 吉尾海夏 5.5(78分OUT)

インスイングの鋭いプレースキックで際どいクロスを送ったがゴールは遠かった。

 

19 ジャーメイン良 5(70分OUT)

最初の決定機を仕留めることできず、次第にボールに絡む回数も減り途中交代に。

 交代出場

FW

11 石原直樹 5.5(70分IN)

得点を期待されての交代だったがシュート0本に終わり、存在感を示せず。

 

MF

10 梁 勇基 5.5(73分IN)

攻撃の流れを変えたかったがボールに絡む場面が少なく、大きな仕事はできなかった。

 

FW

38 長沢 駿 ―(78分IN)

役割は明確だった。高さを生かしてゴール前でのターゲットとなり、大分に守備陣に脅威を与えた。

 

監督

渡邉 晋

守備からリズムを作り、シュート14本を放つなど狙いは良かったが、決定力がなかった。

 

取材・文●柚野真也(スポーツライター)


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事