屈辱のアジアカップで変わった北川航也の基準。2試合連続の決勝点にも「求めているものには程遠い」

屈辱のアジアカップで変わった北川航也の基準。2試合連続の決勝点にも「求めているものには程遠い」

2019.4.23 ・ Jリーグ

シェアする

 開幕から6試合勝ちなしで最下位という状況から、ここに来て2連勝。今節のセレッソ大阪戦はリーグ戦でのホーム初勝利であり、初のクリーンシート。清水エスパルスはようやく悪い流れを脱して、本来の力を発揮しつつある。

 

 なかでも22歳の若きエース・北川航也は、公式戦4試合連続ゴール中で、ここ2試合はどちらも決勝点を決めており、復活の立役者となっている。だが、それでもけっして「好調ではない」と彼自身も周囲も口にする。それはどういうことなのか。

 

 C大阪戦に勝利した後、北川本人も「結果は出てますけど、自分の求めているものにはまだまだほど遠いというか……今日はボールタッチ数も少ないし、ミスも目立ってましたし、周りの選手にすごく助けられたと感じています」と語る。

 

 北川から深く信頼されている先輩・六反勇治は「コンスタントに点は取れてますけど、彼自身も今シーズンはなかなか調子が上がらず、まだまだ彼が望むようなプレーができてないというのが正直なところ。でも、自分の立ち位置や調子の悪さを認めながらやっている結果が(今日のような)なかなか入らない角度のゴールにつながっていると思います」と証言する。

 

 確かに、この試合でシュートはチーム最多の3本を打っているが、決勝点以外の2本は可能性の低い形。38分に鄭大世に送ったスルーパスはチャンスにつながったが、その他で目立ったシーンは少なく、本人も言う通りボールに触る回数も多くなかった。

 

 それでも今の北川がもっともこだわっているのは、「やるべきことをブレずにやり続けること」だ。シュートを打てる状況が来たら迷わず打っていく、仕掛けられる場面では恐れずに仕掛けていく、味方へのパスも常にゴールにつながる形を最優先に狙っていく。もちろん、守備でも自分のタスクを忠実にこなすことを忘れてはいない。

 

 そうした彼自身のこだわりのひとつに、ワンタッチのパスやフリックがある。今季はチームとしても少ないタッチのコンビネーションで最後のところを突破するという形を目指しているなかで、今のところ成功する確率は高くないが、それでも我慢強くトライを続けている。

 「チャレンジしないと合ってこないので、そういう前向きなチャレンジというのは公式戦でも続けていく必要があると思います。練習試合とはわけが違うプレッシャーや雰囲気のなかでチャレンジできるのは幸せなことだと思うので、継続してやっていきたいです」と北川は語る。

 

 日本代表として今年のアジアカップで5試合に出場して無得点に終わり、メディアからも叩かれ、屈辱を味わった。その後は代表に選ばれておらず、彼自身も自分に足りないところがあることを自覚している。昨年よりも長い期間代表チームで過ごし、得るものも多かった。

 

「(日本代表の主力選手たちは)サッカーに対する考え方とか思いとか、食事しながら話していてもすごく熱いものを感じました。それを自分も表現したいと思うし、あの人たちに追いつくために、あの人たちよりも練習しなければいけないと思っています」(北川)

 

 昨年の彼ともっとも変わったのは、自分のなかの基準が格段に高くなったことだ。だから、常に「まだ足りない」と感じ、「やり続けないと追いつけない」と自分を追い込むこともできている。

 

 彼の背中を追う五輪代表候補の立田悠悟は「よく航也くんや六さん(六反)と一緒にさせてもらうんですが、あの人たちは必ずA代表を基準に話をするので、すごく刺激になっています」と言う。北川の変化や成長は、チームメイトにも少なからず影響を与えつつある。

 

 そんななか、好調とは言えないなかでも結果が出ていることは、彼が着実に進化していることの証明でもある。良くない中でもコンスタントに点が取れるというのは、エースストライカーの条件でもある。

 

 C大阪戦の決勝ゴールは、全速力で走りながら本当に狭いコースを通したシュートで、本人は「運も味方してくれた」と言うが、それを引き寄せたのは、わずかな可能性を信じて長い距離を全力で走り続けたことだった。北川自身も「そこにいたということが全てだと思います」と言うが、82分という時間帯に「そこにいる」ことは簡単ではない。

 

「やり続けることが大事だというのは、またここに来て実感しています。でも、もっとやらなければいけないと思うし、難しい状況になった時に個人で打開する場面というのも増やしていかなければいけないので、今後も点を取ることに貪欲にやり続けていきたいです」(北川)

 

 まだまだあらゆる面で伸びしろがあるのは誰もが認めるところ。そのことを誰よりも本人が信じて、毎日着実に前進を続けている。その成果を非常に頼もしく感じさせてくれた不調のなかでの決勝ゴールだった。

 

取材・文●前島芳雄(スポーツライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事