「いつかもう一度、日本で――」鹿島戦で見せた邦本宜裕の“恩返し”の一発

「いつかもう一度、日本で――」鹿島戦で見せた邦本宜裕の“恩返し”の一発

2019.4.25 ・ Jリーグ

シェアする

[ACL4節]鹿島0-1慶南/4月24日/カシマ


 勝負を決する決勝点を叩き込んでみせた。


 0-0で迎えた63分、ジョードン・マッチのクロスに、ファーサイドへ走り込んできた邦本宜裕が左足でプッシュし、ネットを揺らす。鹿島とのアウェーゲームに挑んだ韓国の慶南はこの1点を守り切り、敵地で貴重な勝点3を手にした。


 殊勲の21歳は、自らの活躍に浮かれることなく、静かに語る。


「今回のことに満足せず、これからもっともっと練習から真面目にというか、私生活もそうですけど、常に謙虚な気持ちで、どんなこともやっていきたい」


 10代から将来を嘱望されていたレフティだ。浦和ユース時代には、2種登録されていた16歳の時、天皇杯に出場し、ゴールも決めた。その後、浦和ユースを退団も、2015年シーズンに福岡に加入。Jリーグ・アンダー22選抜でJリーグデビューを飾り、2年目の16年シーズンでは20試合に出場するなど、貴重な戦力として活躍を見せた。


 世代別代表にも選ばれるなど、自慢の左足を駆使した卓越したテクニックは誰もが認めるところだったが、福岡で3年目を迎えた17年シーズンの5月19日、クラブから契約解除の知らせがリリースされる。


 その主たる内容は、邦本の契約条項違反。クラブの秩序風紀を著しく乱したとされ、邦本及びクラブ双方合意の下、契約解除が決まった。


 しばらくは無所属の時期が続いたが、18年、韓国の地で再スタートを切る。現在所属する慶南の一員として再び、ピッチに戻ってきた。


「去年は、最初はキツかったですけど、でも慣れてきて、やっぱりサッカーって楽しいなって。サッカーは自分の職業で、辞めたくない気持ちがすごく強くなった」


 いろんなことを考えさせられた1年間だった。サッカーができる喜びを噛み締めたし、自分のしてきたことを悔やんだりもした。


「あの時から、こういう風に思えていたらなとか、自分が情けないなとも思った。充実もしていましたけど、辛いことも苦労もいっぱいありました」


 それでも挫けなかった。今度こそ、サッカー選手としてまっすぐに生きようと、固く心に誓ったのだろう。


「周りの人に支えられて、今の自分がある。ここまで来ることができたのも、自分ひとりだけの力ではない。その感謝の気持ちを持ち続けて。自分のとりえはサッカーしかない。そのサッカーで、支えてくれたみんな、応援してくれる人たちに恩返しできたらと思っています」


 日本での鹿島戦での決勝点も、その恩返しのひとつなのだろう。


「一からサッカーをスタートできた」


 昨季、慶南で選手としての再出発はできた。だが「日本では、このACLという機会がないと、スタートできなかった」。待望の“凱旋試合”で、チームを勝利に導くパフォーマンスを披露してみせた。もちろん、これで終わりではない。「韓国でもまた頑張って、いつかもう一度、日本で。そういう気持ちはあります。戻ってくることができたらと思います」。


 鹿島戦では、鮮やかな“またぎフェイント”で相手をいなす場面もあった。実に、邦本らしいプレーだった。苦しかった時期を経て、サッカーを楽しめているのではないか。


「あんまり意識はしていなかったですけど、プレースタイル的に、勝手にそういうのが出てしまうというか、染みついているというか。やらなくてもいい時にも、やってしまう。そこは良いところでもあるし、場合によっては、悪いところでもあるのかな、と」


 タフなKリーグで揉まれて、強さも身に付けた。その中でも“らしさ”は失っていない。バランス良く、プレーの幅を広げようとしている。


「自分らしさを見せつつも、チームプレーもしたほうがいいと考えています。どうしても、自分のやりたいプレーが先に出てしまっているので。チームメイトは不満があるかもしれませんけど、後ろのほうではチームプレーをして、前に入ったら(自分のプレーを)する。そういう風に自分も変わっていかないと」


 邦本には「いろんな目標がある」という。まずはチームとして、Kリーグで勝ち続けること。ACLでは、今回の鹿島戦での勝利を目指していたが、そのミッションはクリアできたので、残り2試合をしっかりと勝って、決勝トーナメントに進むこと。そして個人的には、“日の丸”を見据えている。


「東京オリンピックの代表に一回でもいいから呼ばれて、そこで結果を見せたい」


 試合後の取材エリアでは、長い時間、多くの報道陣に対応していた。いい加減、痺れを切らしたクラブスタッフが近くまで寄ってきても、質問を受ければ真摯に応じていた。


 遠回りをしたかもしれないが、望むべく未来を手にするために、邦本はここからまた一歩ずつ、着実に前へと進んでいくはずだ。


取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画