ACL完勝に韓国メディアが歓喜「鹿島の鼻っ柱を折った」「浦和も何もできなかった」

ACL完勝に韓国メディアが歓喜「鹿島の鼻っ柱を折った」「浦和も何もできなかった」

2019.4.25 ・ Jリーグ

シェアする

 4月24日に行なわれたACLグループステージ第4節でも日韓対決が2試合あり、その結果を多くの韓国メディアが報じている。

 

 例えば全北現代対浦和レッズ戦だ。「全北、浦和を撃破…ACL16強にあと一歩」(『聯合ニュース』)、「浦和も何もできなかった全北の“タッコン(=波状攻撃という意味)”」(『スポータル・コリア』)などで、先制点を決めた全北の「ロペスのワンマンショー、浦和を鎮めた」(『京郷新聞』)という報道もあった。

 

 そんななかで目を引いたのが、「ロペス爆発+キム・シンウクの制空権、浦和の3バックを崩した全北の武器」と題された『スポーツソウル』の記事だ。

 

 記事では、「浦和は強力な3バックで挑んできた。全北にとっては簡単でない試合になりそうだったが、蓋を開けてみると全北の攻撃力のほうが鋭かった」とし、「浦和のオリベイラ監督はキム・シンウクとの制空権争いに押されていた槙野を外し、岩波を投入して守備に変化を与えたが、効果はなかった」と分析した。

 

 そのキム・シンウクは韓国取材陣に槙野とのエピソードも紹介。「槙野とは知り合いだ。韓日戦の度に顔を合わせ挨拶する仲で、今日も会話したが、僕のせいで大変だったと思う。槙野に申し訳ない」と語る余裕を見せたことで、「槙野を圧殺した198センチのキム・シンウク、“苦労させてすまない”」(『スポータル・コリア』)という記事もあった。

 

 一方、アウェーに乗り込んで鹿島アントラーズを下した慶南FCについては、地元紙『慶南新聞』も「慶南FC、日本遠征でACL初勝利」と大喜び。『MKスポーツ』などは、「鹿島の鼻っ柱を折った慶南のACL初勝利の意味」と題した記事を掲載。鹿島が昨年度ACLの王者であることやKリーグ勢相手にホーム6連勝中であることを紹介しつつ、「慶南は372日ぶりに鹿島に敗北の衝撃を与えた」としたほどだ。

 

 そして、そんな慶南の快挙の主人公として大きく取り上げてられているのが、決勝ゴールを決めた邦本宜裕だ。「慶南の“特急外人”マッチと邦本、日本の鹿島撃破の先鋒に」(『ベストイレブン』)、「邦本の一撃で慶南がACL初勝利」(『東亜日報』)などで、『スポーツソウル』は、「日本が放棄した“悪魔の才能”邦本、東京オリンピックも夢じゃない」と報じた。「日本代表とU-22代表を兼務する森保一監督はこの日、試合を現場で見守った。邦本は1997年生まれ。来年、東京で開かれるオリンピックも狙える年齢だ。邦本が優れた活躍を見せただけに、森保監督の構想に入る可能性は十分にある」

 

 いずれにしても4月24日のACLグループステージは、Kリーグ勢2試合が揃って勝利したこともあって、「全北も慶南もACL韓日戦で笑顔」(『ノーカットニュース』)、「全北・慶南、プロサッカー韓日戦で揃って勝利」(『中央日報』)と景気の良い見出しが並ぶ。『インターフットボール』などは「“Kリーグのチカラ”、全北・慶南、韓日戦2試合を独り占め」と題した記事の最後を「気分の良い勝利だった。全北と慶南はKリーグのチカラをしっかりと示して、ACL韓日戦2試合を独り占めし、揃って16強進出への可能性を残した」としている。

 

 果たしてグループステージを勝ち抜き、決勝トーナメントに駒を進めるチームはどこになるか。韓国メディアもその行方を注視していくことだろう。


構成●ピッチコミュニケーションズ

 

参照元:『スポーツソウル』日本版

「日本が放棄した“悪魔の才能”邦本、東京オリンピックも夢じゃない」

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画