「もっと早く死にたかった」「トッティは追い出したのに…」デ・ロッシ退団にローマ・サポが嘆き!Jリーグ入りも噂される去就は…

「もっと早く死にたかった」「トッティは追い出したのに…」デ・ロッシ退団にローマ・サポが嘆き!Jリーグ入りも噂される去就は…

2019.5.15 ・ Jリーグ

シェアする

 ローマは5月14日、今シーズンいっぱいで契約満了となる主将ダニエレ・デ・ロッシとの契約を延長しないと発表した。1年前に引退したフランチェスコ・トッティに続き、ローマひと筋を貫いてきたバンディエーラ(旗頭)がクラブを去る。


 ロマニスタにとって、これほどショッキングな知らせはないだろう。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、SNSではサポーターの悲しみや怒りの声が寄せられている。


「もっと早く死にたかった」

「オレたちは心の準備できていないよ。いや、準備が整うことはない」

「DDR(Daniele De Rossi)は今日、Dolore Di Roma(ローマの悲しみ)でしかない」

「父親になるのが夢だ。子どもができたら、ローマとは何かを話す。まずは、彼からだ」

「君と一緒にロマニスタとしての自分の青春は終わる。君こそが僕のキャプテンだった」

  ローマのユニホームを着たデ・ロッシが見られるのは、あと2試合となる。とりわけ、26日の本拠地オリンピコでのパルマ戦は、ファンにとって特別な一戦となるだろう。


 あるサポーターは、パルマ戦のチケットを予約した画像を投稿。「息子の初スタジアム観戦をどの試合にすべきか、もう迷わない」と、ローマ愛を継承する日にしたい考えだ。


 デ・ロッシは会見で現役続行希望を明かしている。クラブは選手としての契約延長を望まず、トッティのように引退して幹部になることをオファーしたが、本人がこれを断った格好だ。


 そのため、「トッティは追い出せなかったのにダニエレはできたんだな」、「パルマ戦には行くけど、それは彼のためだけだ。お前たちはふさわしくない」と、クラブを批判するファンも多い。


 Gazzetta dello Sport紙は、「あなたたちは責任を負ったんだ。正しかった」と、クラブの決断を評価するサポーターもいたと伝えたうえで、「それは本当にわずかな数だった」とつけ加えた。


 イタリア・メディア『Calciomercato.com』が、アメリカのMLS行きを最有力としつつも、日本のヴィッセル神戸も選択肢に挙がっていると報じるなど、今後の去就が注目されるデ・ロッシ。だがまずは、愛するサポーターとの別れが待っている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事