【J1展望】浦和×湘南|ファブリシオ、岩武が先発へ!ミラーゲームで"走力"戦を挑む可能性も

【J1展望】浦和×湘南|ファブリシオ、岩武が先発へ!ミラーゲームで"走力"戦を挑む可能性も

2019.5.16 ・ Jリーグ

シェアする

J1リーグ12節

浦和レッズ-湘南ベルマーレ

5月17日(日)/19:30/埼玉スタジアム2002

 

浦和レッズ

今季成績(11節終了時):9位 勝点17 5勝2分4敗 8得点・10失点

 

【最新チーム事情】

●最終ラインにマウリシオが復帰。

●ファブリシオにスタメンの可能性、右は岩武を抜擢か。

●人数を合わせてハードワーク勝負になる展開も。

【担当記者の視点】

 ACLの最終戦、グループ突破の掛かる北京国安戦を4日後に控えての金曜日開催。そのなかで、マウリシオは負傷から復帰できる見込みだ。


 そして、昨年9月1日に膝の靭帯を損傷する大怪我をしたファブリシオが、スタメンで復帰する可能性がある。試合2日前のゲーム形式では、興梠と武藤とともに1トップ・2シャドーを形成した。まだスタメンからが厳しいという判断になれば、柏木を起用して3ボランチ継続になりそうだが、ベンチ入りの可能性は非常に高い。

 

 また、右サイドには明大卒の新人、岩武が起用される可能性が高まった。大分ユース時代に2種登録で出場機会もあったが、大学の4年間で鍛え上げてきた。それだけに「大学で積み上げたものを、再び表舞台で見せたい」と意気込む。

 

 武藤は「相手も3バックなら、1トップ・2シャドーのほうが前からハメやすい」とも話す。ナイトゲームの涼しさもあり、走る湘南と真っ向からハードワーク勝負に持ち込む試合展開も考えられそうだ。J1リーグ12節

浦和レッズ - 湘南ベルマーレ

5月17日(金)/19:30/埼玉スタジアム2002

 

湘南ベルマーレ

今季成績(11節終了時):11位 勝点14 4勝2分5敗 13得点・13失点

 

【最新チーム事情】

●前節の大分戦は0-1で惜敗。

●齊藤と鈴木冬がU‐20日本代表に合流。

●浦和からレンタルの武富は契約の都合で出場できない。

●浦和とは通算8勝2分23敗も、昨季は2戦2勝。

【担当記者の視点】

 前節の大分戦は0-1で敗れ、3試合ぶりの黒星を喫した。前線から強いプレスを仕掛け、マイボールにすればテンポよく動かして序盤から攻め込んだ。だがチャンスを作るも枠を捉えきれず、逆に後半の立ち上がりにカウンターから失点した。


 構図はシンプルだ。決めるべき時に決め、守るべきを守り切らなければ勝利はおぼつかない。ひとつの敗戦によってなにかを変えるのではなく、ネジを締めるように彼らは自分たちの足もとを見つめ直している。

 

 もちろん、勝つためにはなによりゴールを求めたい。今季はどの相手に対しても自分たちの土俵に持ち込めるだけの戦いを示し、実際チャンスも作れている。あとはいかにボールをゴールに届けるか。期待したい今節だ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画