「試合に出ていない時は逆にチャンス」J2岡山を支える貪欲な守護神、一森純の心意気

「試合に出ていない時は逆にチャンス」J2岡山を支える貪欲な守護神、一森純の心意気

2019.5.24 ・ Jリーグ

シェアする

「ホームでのゼロ(無失点)はやっぱ格別ですね。めちゃくちゃ嬉しいです。しかも、しばらく勝っていなかったんで余計に嬉しかったです」

 

 14節・琉球戦で再三のビッグセーブを見せてチームを勝利に導いたファジアーノ岡山の一森純は、充実感をみなぎらせた。

 

 前半は立ち上がりから琉球ペースで試合が進んだが、「予想以上にシュートが枠に飛んできたんで、また来たなと。前半がよくなくて耐え切れない試合が多いなかで、腹をくくったというか、しょうがないなっていう感じでした」という一森は、現実を受け入れて堂々とピンチに立ち向かっていく。

 

 後半は一転して岡山のペースになったが、その時も一森は至って冷静だった。「後半の立ち上がりはけっこう押せ押せで、そういう時こそピンチがくるってことは嫌と言うほど経験している。自分のなかでは絶対にピンチが来るなと思いながらやっていました」。良いか悪いかは別にして、1点をリードした後は一森の予想は的中することになったが、ピンチを待ち構えていたGKは「うまく身体が動いてくれている」という鋭いシュートストップを発揮して琉球の攻撃をシャットアウトしてみせた。

 

 心身の準備が万全に整っていることを一森は示しているが、それは金山隼樹にポジションを譲っていたときから変わらない。8節の新潟戦で金山が負傷したこともあって一森は9節の千葉戦で今季初出場のチャンスをつかんだが、試合前からやるべきことをやっている自負を覗かせていた。

 

「調子はいいですし、何とかチームを助けたいと思っている。その想いを試合で体現できればいいなと思ってます。シーズンが始まってからどんな立ち位置であってもチームの勝利にやってきたんで、自信をもって日々過ごしています」

 

 試合に出場できない状況が続くなか、これだけ日々の取り組みに自信を持てるのはすごいことだろう。一森は、むしろ試合に出場できない時期をチャンスと捉えてトレーニングに励んでいたという。

「ちょっとマッチョになったでしょ。試合に出ていないときって、自分と向き合える時間を長くすることができる。だから逆にチャンスなんですよ。僕はデカければいいとは思っていなくて、できるだけボールに速く触れるように、思ったように身体を動かせるように、ってことを意識してトレーニングをやっていますけど、まだまだやることが多過ぎますね」


 どんな状況であっても、一森はその状況から吸収できることすべて吸収しようと常に貪欲だ。その一森に序盤戦を終えてチームが成長している実感があるかを問うてみると、「若い選手がポツポツと出ていて、ジョン(チェ・ジョンウォン)なんかはすごく成長していると思う。でも、まだまだですね。自分もとしてもチーム全体としても、ぜんぜん足りない。マジで物足りないです」と応じた。

 

 最後尾で個人とチームの成長を貪欲に追い求める一森は、中盤戦もチームの勝利を追い求めながら成長していく姿を見せてくれるに違いない。

 

取材・文●寺田弘幸(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事