【J1展望】清水×仙台|篠田体制で調子を上げる清水。対する仙台は主将が8試合ぶりに先発へ

【J1展望】清水×仙台|篠田体制で調子を上げる清水。対する仙台は主将が8試合ぶりに先発へ

2019.5.24 ・ Jリーグ

シェアする

J1リーグ13節

清水エスパルス - ベガルタ仙台

5月25日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平

 

清水エスパルス

今季成績(12節終了時):18位 勝点9 2勝3分7敗 12得点・27失点

 

【最新チーム事情】

●水曜日のルヴァンカップ・磐田戦で篠田体制の初勝利を挙げた。

●そのルヴァンカップで髙橋がプロ初ゴール。

●立田がコパ・アメリカを戦う日本代表に選出された。

【担当記者の視点】

 篠田体制の初陣となった前節は大分に1-1の引き分け。相手のミスを見逃さずに獲得したPKをドウグラスが自ら決め先制。その後、後半の早い時間に1点を返され、試合はそのままタイムアップ。勝てなかったが、リーグでの連敗を3で止めたという意味では収穫があった。

 

 また、水曜日のルヴァンカップ・磐田戦は若手中心のメンバー構成で挑み、髙橋のプロ初ゴールが生まれるなど2-0で勝利。篠田体制で初勝利を挙げたことでサッカーの方向性として選手たちの迷いはなく、少しずつではあるが、復調の兆しが見える。


 これまではハードワークと球際という部分で後手に回る部分が多かったが、最近の練習ではそういう基本を改善し、緊張感も増した。大分戦から採用している4-2-3-1の布陣を今節も継続して勝利を目指す。J1リーグ13節

清水エスパルス - ベガルタ仙台

5月25日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平

 

ベガルタ仙台

今季成績(12節終了時):16位 勝点10 3勝1分8敗 11得点・19失点

 

【最新チーム事情】

●金が前節の磐田戦で負傷。代役はキャプテンの大岩か。

●長沢は水曜日のルヴァンカップ・柏戦を出場停止のため欠場。今節は先発する可能性も。

●そのルヴァンカップの後は仙台に帰らず、静岡県内で調整。

【担当記者の視点】

 前節の磐田戦は前半で2点を奪われ、後半に攻勢を仕掛けるも得点を奪うことができず0-2で敗戦。再び残留争いに飲み込まれようとしており、最下位の清水との対戦は絶対に落とせない。

 

 センターバックの金が磐田戦で負傷交代となり、今節はキャプテンの大岩が8試合ぶりに先発する見込み。また、その磐田戦で好パフォーマンスを見せ、水曜日のルヴァンカップ・柏戦ではアシストを記録した道渕。このサイドバックとサイドハーフの両方に対応可能な24歳をどう起用するかが大きなポイントだ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画