新潟が監督交代後に今季初の3連敗…是永社長も「今は流れが裏目」と認める難局を乗り切る術はあるのか

新潟が監督交代後に今季初の3連敗…是永社長も「今は流れが裏目」と認める難局を乗り切る術はあるのか

2019.5.26 ・ Jリーグ

シェアする

 J2リーグ15節、FC琉球にアウェーで1-2と敗れたアルビレックス新潟は、今シーズン初めての3連敗を喫した。25日の試合が終了した時点で順位は13位から14位に後退。26日に行なわれる試合の結果次第では、さらに下がる可能性もある。14位の時点で、すでに今シーズン最も低い順位だ。

 

 J2中位のチームが、今季初めて3連敗。他者からすれば、取り立てて気を引くものではないかもしれない。だが当事者にとっては、重大な結果だ。先月、クラブは“このままでは今季のJ1昇格は難しい”と判断し、監督交代を行なった結果の現状だからだ。

 

 昨年8月からチームを率いる片渕浩一郎監督の解任が発表されたのは、9節、モンテディオ山形に2-2で引き分けた翌日、4月14日のことだ。その時点でチームは3勝3分3敗の9位。同日行なわれた会見で、是永大輔代表取締役社長は次のように話した。

「交代の理由としては、僕らはJ2、2年目で、これまで多くのクラブがJ2に来て1年で(昇格に)失敗し、”2年で行くぞ”と言っているのに3年、4年、5年という事例をたくさん見てきました。アルビレックス新潟はJ1にいるべきクラブであり、それだけの責任とポテンシャルを持ったクラブ。ですので、わくわくできる試合内容、上位争いを常に求められていると思います」

「今季のメンバーを見ると、10位以下を必死で戦うようなメンバーではないと思います。毎年このようなメンバーが揃うか、来年同じような戦力が整うかは、はっきり言って分からないです。ですからJ1昇格のチャンスは、必ず訪れることではないと思っています」


 チャンスを絶対に逃すわけにはいかないと監督交代を決断した是永社長は、後任に「(アルビレックス新潟)シンガポールで2年間一緒に仕事をしていて(分かるが)、選手の個性の見極め、選手の組み合わせ、相手チームの弱みを突くことに長けでいる。また新潟だけでなく、いろいろなクラブを経験している指導者」として、今年1月にそのポストに着任していた吉永一明アカデミーダイレクターを指名した。

  吉永新監督の下、チームは10節・東京ヴェルディに1-1、11節・水戸に0-0と引き分けると、12節・山口に2-0と快勝し、監督交代後の初勝利を挙げた。片渕前監督が戦いの基盤とした守備の堅さを継続しつつ、より攻撃的な戦いを目指し、変化のきざしはピッチに表れつつあった。

 

 それは、常にリードを許す展開で2-3と敗れた13節・V・ファーレン長崎戦、ホームで前半に2得点しながら後半に3失点し、逆転負けした13節・愛媛FC戦にも言えることだった。試合結果、失点の仕方に改善すべき点はある。だが、得点シーンに目を向ければ、可能性の萌芽を見て取れる――。

 

 けれども同時に、吉永監督就任後は1勝2分3敗で、勝点を重ねるペースが鈍化している現実もある。1試合あたりの平均得点、失点も、片渕体制下では1.3得点、1.1失点だったのが、吉永体制下では1.3得点、1.5失点となっている。

 

 83分に追いつきながら、その3分後に決勝点を奪われた琉球戦後、吉永監督は次のように語った。

「非常に重い連敗だと思っています。それを私がどうと言える立場ではない。とにかく今、頑張っている選手たちが次のゲームに向けて準備できるようにします」

「(昇格のペースとして)決してこのままで間に合うとは思っていないですし、連勝もない。どういう状況かは理解しているつもりです」

 

 チームの奮闘と、それにもかかわらず悔しい結果に終わった試合をスタンドから見つめた是永社長は、流れを変えるきっかけをつかみ、好転させることに強い意欲を見せた。

 

「3連敗は3つとも負けの中身が違うし、内容は上向きになっている。単純に3連敗とひとくくりで言えないと思います。受け止めるしかない」

「やりたいサッカー、狙いを持てるようになってきたし、少しのきっかけ、ひとつのプレーで変わるところが、。何とか好転させたいです」

「(内容に関しては)例えばパスの本数、パスの狙い、どうやって相手を崩すか。ボールひとつの転がり方が違っていたら、好転するところもある」

 

 3連敗は3連敗。しかし、これまでの経緯を考えると、新潟では結果がより重く響く状況にある。この難しい局面を、チーム、クラブはよりひとつになって乗り越えなければならない。

 

取材・文●大中祐二(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画