【J1ベストイレブン】今季初先発でJ1初ゴール!圧倒的存在感を放った広島の逸材MFをMVPに!|13節

【J1ベストイレブン】今季初先発でJ1初ゴール!圧倒的存在感を放った広島の逸材MFをMVPに!|13節

2019.5.27 ・ Jリーグ

シェアする

 J1リーグは、5月25日、26日に各地で13節の9試合が行なわれた。ここでは13節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。

 

 ACLでプロ初ゴールを決めた広島の森島司が、勢いそのままにJ1リーグ・浦和戦でも圧巻のパフォーマンスを見せた。

 

 試合開始早々の6分にこぼれ球を押し込み、J1初ゴールとなる先制点をゲットすると、その後はCKでドウグラス・ヴィエイラのヘディング弾をアシスト。後半にはスルーパスでハイネルの得点を演出するなど、1ゴール・2アシストの活躍で広島の連敗ストップに大きく貢献した。キレのあるドリブルと、素晴らしいパスセンスで試合を通して攻撃の中心にいた森島を今節のMVPとした。

 

 さらに広島からは野上結貴も選出。浦和の2トップをしっかりと抑え、クリーンシートに貢献した。

 

 仙台との激しい打ち合いを制し、最下位を脱出した清水からは、ドウグラスと松原后をセレクト。前者はヘッドで2得点を決め、ポストプレーでも存在感を発揮。後者は攻め込まれる場面でも落ち着いた守備で対応し、攻撃にも積極的に参加した。

 

 また、3連勝の鳥栖からは、劇的決勝弾の豊田陽平。名古屋を相手にアウェーで貴重な勝点3を手にした松本からは、中盤で守備の番人として抜群の働きをした藤田息吹。4発完勝の横浜からは、試合の流れを引き寄せる先制点を挙げ、アシストも記録するなど、多くの決定機に関与したマルコス・ジュニオールを選出した。

 

 そのほか、守備の要として抜群の安定感だった川崎の谷口彰悟。強烈なシュートでチームの2点目を決め、神戸の欲しかった勝点3獲得に貢献した三田啓貴。高精度クロスでの決勝点アシストや、素晴らしいフィードも見せたC大阪の松田陸。GKには、再三に渡るファインセーブでチームを救ったG大阪の東口順昭をチョイスした。

 【今節のベストイレブン】

GK

1 東口順昭(G大阪) 6.5 ●2回目

クロス対応やビルドアップなど、レベルの高さをしっかりと見せつけた。コンディションの良さも感じさせた。

 

DF

2 松田 陸(C大阪) 6.5 ●初選出

精度の高い右クロスで決勝点をアシスト。43分に見せた縦へのフィードも素晴らしかった。

 

2 野上結貴(広島) 7 ●初選出

興梠慎三の素早い抜け出しについていき、決定的な仕事をさせなかったのは、なにより評価できる。クリーンシートに大きく貢献した。

 

5 谷口彰悟(川崎) 6.5 ●2回目

ラインコントロールやつなぎの部分、対人守備などほぼノーミスでプレー。川崎が気持ちよくプレーできるのはこのキャプテンの安定感に尽きる。

 

25 松原 后(清水) 6.5 ●初選出

守備で押される時間はあったが大きな破綻はなく、攻撃ではクロスやCK獲得で終わるシーンが多かった。

 

MF

6 藤田息吹(松本) 7 ●初選出

守備の番人として抜群の出来。常に足を止めずに名古屋の選手たちを追い回し、試合終了間際のシュートブロックも見事だった。

 

THIS WEEK MVP

14 森島 司(広島) 7.5 ●初選出

今季リーグ初先発すると、開始6分で先制点を奪えば、CKでD・ヴィエイラのゴールをお膳立て。極めつけには上質なスルーパスでハイネルのゴールも演出する大活躍。鋭いターンでDFを剥がすドリブルも切れ味抜群。浦和守備陣はファウルでしか止められなかった。

 

14 三田啓貴(神戸) 6.5 ●初選出

右サイドで身体を張ったキープ、豊富な運動量で牽引。チームに勢いを与える豪快な2点目は見事のひと言。

 

9 マルコス・ジュニオール(横浜) 7 ●3回目

左足の一撃で先制点。仲川輝人のゴールもアシストしたほか、多くの決定機に絡んだ。

 

FW

49 ドウグラス(清水) 7.5 ●初選出

空中戦の絶対的な強さが復活して2得点。ロングボールを収める場面も多く、2点目もお膳立てする大活躍。

 

11 豊田陽平(鳥栖) 7.5 ●初選出

苦しい時のターゲットになり、最後はプルアウェイ的な動きで決勝点を挙げる。


※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。

採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

●は今シーズンのベストイレブン選出回数。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画