「鳥栖らしい」は退化。就任後3連勝に導いた金明輝監督の“こだわらない”サッカーの意図は?

「鳥栖らしい」は退化。就任後3連勝に導いた金明輝監督の“こだわらない”サッカーの意図は?

2019.5.27 ・ Jリーグ

シェアする

 鳥栖が鹿島を破り5年ぶりの3連勝を飾り、6節から位置していた降格圏を脱出し14位へ浮上した。その要因となっているのがルイス・カレーラス監督からその座を引き継いだキンミョンヒ監督の指導力だ。


 5月7日に就任したキン監督は「鳥栖らしい」と言われることを「それは退化です」と話す。ただ、これは鳥栖らしさを否定しているわけではない。今や球際で激しく戦うことや相手より走るなどのハードワークは、どのJ1チームでもやっている当たり前のこと。それをチームのベースとしてやり続けることに加え、新たに何を上積みできるかにフォーカスしている。


 鳥栖といえば、前線のターゲットとなる選手を目掛けてロングボールを当てて、自慢のハードワークでそのセカンドボールを拾って攻撃するというイメージが強い。金監督はそこからの脱却を図っている。だからといってポゼッションサッカーを志向しているわけでもない。

 

 金監督は狙いをこう話す。

「ポゼッションやカウンター、ロングボールとかそういうのでは考えていなくて。点を取るために細かい技術というのは大事なので、そこにフォーカスしてやっています」

  鹿島戦などを見ても分かるように、金監督が就任してから鳥栖のビルドアップは変わった。サイドバックが高い位置を取り、センターバックが開いた間にGKやボランチが入り、じっくりとボールを回しながらビルドアップする。また、サイドチェンジも以前より増えている。

 

 もちろん、相手のプレッシングなどによってスムーズにボールを前に運べない時もある。そんな時は前線にロングボールを蹴る。金監督が話すようにポゼッションやロングボールなどひとつの形にこだわらず、ピッチ上の選手たちが局面局面で判断し、ポゼッションとロングボールを使い分けている。


 小林祐三にその使い分けを聞くとこういう答えが返ってきた。

「以前のように蹴らされているロングボールではなく、意図的に蹴っているロングボールなので、蹴る選手、受ける選手、拾う選手の連動はG大阪戦からかなり良くなっている。(今のつなぐビルドアップは)相手の布陣を間延びさせるという狙いもある。これを続けて、もっと自分たちがボールを持てるようになりたいし、そういうトレーニングをしています」

  一方で監督交代と同時にキャプテンに就任した福田晃斗は「ルイスの下でポゼッションの練習をしてきたから、勇気を持ってボールを受けに行くことができている。ミョンヒさんがそれを整理してくれたので、すべてはつながっている」と話す。


 昨季のラスト5試合でマッシモ・フィッカデンティ元監督から代わった時には金監督の色を打ち出すことはできなかったが、今回は違う。ポゼッションやロングボールなど手段にはこだわらず、ゴールを奪うために最適な選択をさせる。そのために練習から細かい作業を繰り返し、チームの意思統一を図っている。元々、ロングボールの戦い方はできるので、ポゼション時の連係が深まれば、鳥栖は文字どおり臨機応変に戦える金監督の目指すチームになるだろう。

 

取材・文●荒木英喜(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事