6月のJ1ベストゴールは神戸ダビド・ビジャの「ストライカーの能力のすべてが詰まったワールドクラス」の一発!

6月のJ1ベストゴールは神戸ダビド・ビジャの「ストライカーの能力のすべてが詰まったワールドクラス」の一発!

2019.7.12 ・ Jリーグ

シェアする

 Jリーグは7月11日に、6月の月間ベストゴールを発表した。選ばれたのは、J1では神戸FWのダビド・ビジャによる17節(6月30日)・名古屋グランパス戦の27分の得点だ。


 選考委員はこのビジャの得点を、「ストライカーの能力のすべてが詰まったワールドクラスのゴール」と絶賛。

 このゴールシーンは、「スペースに飛び出すタイミング、抜け出した後の1対1の仕掛けとまるでワルツを踊っているよう」(原博実委員)で、「ドリブルに入ってからはDFの重心がどちらの足にかかっているか瞬時に判断して、抜け出した後は飛び出してくるGKの肩越しに浮かせたシュートを冷静に決めた」(柱谷幸一委員)まさに「ストライカーとしてのすべてが詰まったゴール」(寺嶋朋也委員)だという。


 J2では、FC町田ゼルビアのMFロメロ・フランクの20節(6月29日)・ジェフユナイテッド千葉戦の87分の得点が選出され、「冷静な判断が生み出したループシュートの傑作」(委員会総評)という評価。またJ3では、カマタマーレ讃岐のFW我那覇和輝の12節(6月15日)・Y.S.C.C横浜戦での 34分の得点が「土砂降りの悪ピッチの中で、クロスボールを地面に落とさずダイレクトで打ちにいった判断がさすが」(寺嶋朋也委員)として選出された。


 受賞選手のコメントは以下の通り。

 【J1】

ダビド・ビジャ(神戸/FW)

「月間ベストゴールに選んでいただいて喜んでいます。自分にとって一番大事なのは、このゴールがチームの勝利に貢献できたことです。これからも沢山のゴールを決められるように頑張ります」

 

【J2】

ロメロ・フランク(町田/MF)

「J2月間ベストゴール賞をいただき、誠にありがとうございます! このゴールは自分一人で取ったゴールではなく、サポーターの皆さんの熱い応援はもちろん、チーム全員が最後まで諦めずに戦い、試合に勝つというみんなの想いがあったからこそ、とれたゴールだと思います。 またこういう重要な場面でゴールを決めて、次もチームの勝利に貢献できるように、日々の練習に取り組んでいきたいと思います」

 

【J3】

我那覇和樹(讃岐/FW)

「今回はこのような素晴らしい賞をいただき、大変嬉しく思います。沢山の素晴らしいゴールがある中から自分のゴールを選んでいただき、光栄に思います。自分一人の力ではなく、アシストをしてくれた林選手であったり、また一緒に戦ってくれている全選手、スタッフ、サポーターの皆さんの力があって、取れたゴールだと思っています。またチームの勝利に貢献するゴールを決めるために、これからも頑張っていきたいと思います」

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事