森重真人が語る「多摩川クラシコのキーマン」は?

森重真人が語る「多摩川クラシコのキーマン」は?

2019.7.12 ・ Jリーグ

シェアする

 天下分け目の大一番と言っても過言ではないだろう。1位のFC東京と2位の川崎との直接対決、第34回多摩川クラシコが7月14日に味の素スタジアムで開催される。痺れるシチュエーションでの多摩川クラシコを前に、FC東京の主力でセンターバックの森重真人に直撃。この一戦に懸ける想い、さらにここまでのパフォーマンスの自己強化についてなど、様々な質問をぶつけてみた。

 

 

──今季はリーグ前半戦を終えて、堂々の1位(編集部・注/インタビュー実施日は7月1日)。この成績をどう捉えていますか?

 

「正直、なんとも言えないです。シーズン途中の成績ですから。むしろ大事なのはこれからで、リーグ優勝に向けた本当の戦いが始まるという感覚です。ただ、嬉しくないわけではなくて、年末年始に自分たちが思い描いていたとおりの展開にはなっています」

 

──17節の横浜戦は久保(建英)選手の壮行試合でもありました。特別な意識は?

 

「いや、そこまでは。もちろん(久保を)良い形で送り出したかったですし、『タケがいなくなって(勝てなくなった)』と言われるのも嫌だった。さらに言えば、リーグ戦で2連敗したあとの試合だったので勝ちたいという強い気持ちはありました」


──結果は4-2で勝利。悪い流れを断ち切れたという意味でも大きな白星だったのでは?

 

「連敗して昨季の悪いイメージ(夏場に勝点を稼げなかったこと)が浮かんできましたが、力のある横浜に勝てて少しホッとしたというか、心に余裕が生まれました」

 

──ここから本格的な夏を迎えますが、7月14日の多摩川クラシコは上位対決とあって今後の行方を占う大一番となりそうです。

 

「今は川崎より上の順位にいますが、僕たちはあくまでチャレンジャー。リーグ優勝という“山頂”めがけて登っている最中なので、そのシチュエーションを楽しみながら戦いたいです。とにかく失うものはありませんからね。思い切り戦いたい」

 

──多摩川クラシコとなると、スタジアムは否が応でも盛り上がります。

 

「クラブの関係者やファン・サポーターも特別な想いを抱いていますよね、多摩川クラシコには。向こうの選手をよく知っている分、負けたくないという気持ちは膨らみます。ですので、今回も良いモチベーションで臨めるはずです」

 

──今季ここまでの川崎の戦いぶりをどう見ていますか?

 

「チームとして完成していて、だからこそここまで(リーグ戦で)12戦無敗なわけで。相変わらず強いな、と。王者の川崎を相手に僕たちがどう戦うか。プレッシャーをかけられるか。今季の開幕戦で対戦した時のように、川崎がボールを握る展開になる可能性があるので、粘り強く対応したいです」

 ──多摩川クラシコでキーマンとなるのは?

 

「誰が出場するか分からないですが、あえて挙げるなら両サイド。横浜戦のスタメンで言えば、東(慶悟)選手と(ナ・)サンホ選手になります。(2トップの)永井(謙佑)選手とディエゴ(・オリヴェイラ)選手がどう攻撃を展開できるかという意味でも、サイドハーフの働きは重要だと思います」

 

──久保選手が抜けたサイドハーフにここから誰が定着するのか。それはファン・サポーターも気になるポイントです。

 

「候補者のひとりがサンホですかね。もし彼が固定されるようなら、サンホの良さを周りのみんなで引き出したい」

 

──ナ・サンホ選手がチームメイトの信頼を得るうえで、横浜戦の同点ゴールは大きかったのでは?

 

「そうですね。あの形(左からカットインしてシュート)が得意なはずなので、今後も上手くサポートしたいです。運動量に加え、推進力もあるので、周りの活かし方次第でもっと活躍できるでしょう」

 

──運動量と言えば、ナ・サンホ選手の横浜戦での走行距離は12キロ以上でチームトップでした。

 

「そうそう。やっぱり能力は高いですから、それを生かしていきたいです」

 ──森重選手は、昨季の多摩川クラシコ(13節)でゴールを決めています。覚えていますか?

 

「セットプレーからですよね」

 

──そうです。FKから森重選手が右足を伸ばしてダイレクトで合わせました。今季はリーグ戦でまだノーゴールですが、そろそろ一発、欲しいですよね?

 

「チャンスはありますが、なかなか決め切れない。もやもや感を払拭する意味でも、多摩川クラシコでゴールを挙げたいです。個人的に川崎との相性は良いので、ここで一発行きたいです」

 

──心に残っている多摩川クラシコはありますか?

 

「やっぱり昨季のアウェーゲーム(13節)ですかね。守備がしっかりとハマって、セットプレーから効率よくゴールを奪う(結果は2-0)。自分たちの形を体現できた試合でした。今度の多摩川クラシコでも良いディフェンスから良い攻撃を繰り出せればペースを握れるはずなので、まずは相手を止めることを意識して戦いたいです」

 ──7月14日の多摩川クラシコの舞台は味の素スタジアムになります。今季のFC東京のホームゲームで印象的なのは、選手紹介。あの映像、かなり凝っていますよね?

 

「(昨季までと違って)よりスタイリッシュに、首都・東京っぽくなりました。あの映像が流れることでスタジアムの雰囲気も格好良くなりましたし、こういうところからもチームが変わろうとしている意思は見て取れます。あとは僕たちが結果を出して、ファン・サポーターだけではなくクラブ関係者の期待にも応えないといけない」

 

──聞いた話では、選手紹介のVTRを作る際の撮影はかなり大へんだったとか。

 

「そうですね(笑)。でも、これだけ格好いいものを作っていただけるなら、選手も喜んで協力します!!」

 

──完成品を初めて見た時の感想は?

 

「感動しました(笑)。本当に細かい部分ですが、こういうところをこだわっていくのも大事だと思います。自分たちのモチベーションも上がるし、ファン・サポーターも楽しんでもらえるはずなので。ああいう映像ひとつでスタジアムの雰囲気はガラリと変わります。だから、これからもピッチの内外に関係なく良いものをどんどん取り込んでいったほうがいいですよね」

 

──多摩川クラシコでの選手紹介はかなり盛り上がりそうです。この試合は、ひとりでも多くのファン・サポーターに生で観戦してもらいたいですね。

 

「今回の多摩川クラシコは、これまでサッカー観戦の経験がない人たちをスタジアムに呼び込むチャンスだと思います。来場してもらえれば、『サッカーってこんなに凄いんだ』って感動してもらえるはずです」

 ──今季の森重選手はとにかく安定しています。ここまでのパフォーマンスをどう自己評価していますか?

 

「難しいですねえ……。『動けていない』という感覚がある半面、外からは『安定している』と言われますからね。なんとも、という感じです。ただ、センターバックというポジション柄、動けばいいというものではありません。意識しているのは動きの量より、むしろどう頭を使って守るかということです」

 

──今季は特に、シュートコースを切るディフェンスが素晴らしいと思います。

 

「食いついて何がなんでも止めようという意識は、昨季よりも低くなりました。俯瞰的に見て、(相手のボールを取りに)行くところ、行かないところの判断を冷静にできるようになったと感じています」

 

──GKの林(彰洋)選手が好セーブを連発している背景に、ディフェンス陣のシュートコースを切るディフェンスがあることを見逃してはいけないと思いますが、それについてはどんな見解を?

 

「こういうコースの切り方をすれば林選手なら届くという感覚はあります。(シュートコースを)全部消せれば理想的ですが、正直、それは現実的ではない。なので、『そっちにシュートを打たれた場合は頼むぞ』という切り方になります、ゴールを奪われる可能性を少しでも下げるためには。林選手とはそのあたりも話しているし、上手く連動しながら守れています」

 

──森重選手と林選手の守備面での連係は阿吽の呼吸と言えます。

 

「林選手もよくしゃべるので、その声に動かされている感じです(笑)。試合後にもアドバイスをくれますし、練習中もポジショニングについてよく話します。そうしたコミュニケーションが自分にとってプラスになっているのは確かです」

 

──プラスと言えば、チャン・ヒョンスという心強い相棒が隣でプレーしているのも強固な守備網を築くうえで大きい?

 

「もちろん。Jリーグ屈指の実力者でキャプテンシーもあるし、なんでもできるセンターバックです。長年一緒にプレーしていて特徴を知り尽くしているので、彼とも阿吽の呼吸というか、良い関係を築けています。最終ラインは同じメンバーでやればやるだけ組織としてまとまる傾向がありますから、林選手やチャン・ヒョンス選手の存在は心強いです」

 ──右サイドバックの室屋(成)選手、左サイドバックの小川(諒也)選手を含む最終ラインの強度は、Jリーグ屈指です。

 

「組織的な上手さはもちろん、個々の強さもあります。サイドバックのふたりも1対1の局面でほとんど負けないですしね」

 

──サイドバックが止めてくれる。そうした信頼があると、森重選手のポジション取りも変わってきますよね?

 

「そこまでカバーリングをしなくてもいい分の余裕は、確かに生まれます。連係の部分ではサイドバックの他に、ボランチとの関係性も重要です。彼らが最終ラインに加わる局面もありますから、その際の声掛けやポジショニングは意識しています」

 

──今季の守備組織を語るうえで、ボランチふたり(橋本拳人と髙萩洋次郎)の貢献は確かに見逃せません。

 

「ふたりとも本当に気が利きます。彼らのサポートに助けられている部分は間違いなくあります。特に髙萩選手は経験豊富で、試合の流れを読む力もあるし、守備的な仕事をさせても賢い選手です」

 ──元キャプテンの森重選手には、“キャプテン東”はどう映っていますか?

 

「チームを文字通り引っ張っているし、頼もしいです。声を出して味方を鼓舞してくれる選手がいると、やっぱり引き締まります。責任感を醸し出す選手が他にも出てくれば、FC東京もより強固な集団になれるはずです」

 

──ズバリ、リーグ優勝するためのポイントは?

 

「ポイント……。う~ん、どうだろう(笑)。優勝したい気持ちはもちろんありますが、そこを意識しすぎてリスクを冒さないプレーに終始してしまうのは違うかなと。あえてポイントを挙げるなら、昨季に優勝争いから脱落した経験を生かせるか、です。その反省を踏まえて前半戦はトータルで見れば良い戦いができたわけですから、後半戦も“経験”から(リーグ優勝に向けての)ヒントを得たいです」

 

──経験と言えば、森重選手はFC東京に加入した2010年からこのクラブでレギュラーの座を守っています。これは大きな財産ですよね?

 

「ひとつの自信にはなります」

 

──主力としてプレーしつづけられる要因は?

 

「試合に出たい、このポジションを渡したくない。誰にも負けたくない。根底にあるのは、そういう気持ちです。クラブが良い選手を補強するたびに『負けてたまるか』と自分を奮い立たせています。要するに、負けず嫌いなんです(笑)」

 

──同じセンターバックでは今季、渡辺(剛)選手が台頭してきた印象です。彼のようなルーキーの活躍は刺激になりますか?

 

「もちろん。自分が若い時も『先輩に負けたくない』という想いでやっていましたし、チームメイトからいろんなものを吸収しようとも考えていました。渡辺選手もそういうスタンスでいるだろうし、渡辺選手の良いところを僕も学びたいです。互いに切磋琢磨できればいいですよね」

 

──代表活動の負担が結果的になくなっている今季は、良い意味でクラブに専念できていますよね。これがコンディションに与える影響は?

 

「当然ながらあります。良いトレーニングをこなしつつ、休養も十分に取れていますから、コンディショニングはしやすくなりました。だからといって、代表に選ばれたくないというわけではありません。むしろ復帰したいと強く思っているし、チャンスをもらえるなら代表活動に参加したいです。代表戦があれば、それはそれでそのリズムが心地いいので。まあ、でも今はまずFC東京でやるべきことをやらないといけないのでクラブの試合に集中したいです」

 

──そんな森重選手のキャリアで足りないのが、J1のリーグタイトルです。

 

「『そろそろしたいなあ』から『そろそろしなきゃ』に意識は変わってきています(笑)。年齢的(32歳)にも、そろそろ獲らないとダメですね。このチームでリーグ優勝したい気持ちは強いです。少し前までは僕が代表に入って先頭を走っていましたが、今は現役代表の橋本選手や室屋選手ら中堅どころが中心になって、自分や林選手、髙萩選手など代表経験者がサポート役に回っている。ベテランと若手の融合というわけではないですが、そうしたバランスはすごく良いと感じています」

 

──念願のリーグ制覇を成し遂げるためには、川崎は絶対に倒さなければいけない相手です。

 

「直接対決は実質的に“勝点6”の価値があるので、多摩川クラシコで川崎に勝てれば大きな自信になるし、精神的にも優位に立てるはずです。終盤戦より中盤戦で対戦できて良かったです」

 

──その理由は?

 

「ここで川崎を倒せれば、その後の戦いに向けてチームの士気が高まりますから。後半戦を戦い抜くうえで、そうした勢いは極めて大事です」

 

<プロフィール>

もりしげ・まさと/1987年5月21日生まれ、広島県出身。183㌢・76㌔。J1通算331試合・26得点。J2通算37試合・6得点。日本代表通算41試合・2得点。Jリーグベストイレブン(13~16年)。広島高陽FC-広島Jrユース-広島皆実高-大分―FC東京(19年7月7日現在)。フィジカル能力に長けたJリーグ屈指のCB。日本代表として14年のブラジル・ワールドカップに出場し、その後、アギーレ、ハリルホジッチの両体制下でもプレーした。パスセンスに優れ、ビルドアップ能力も高い。

 

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事