【J1展望】C大阪×名古屋|セレッソ指揮官も問題視…勝敗を左右するのはピッチ状態!?

【J1展望】C大阪×名古屋|セレッソ指揮官も問題視…勝敗を左右するのはピッチ状態!?

2019.7.12 ・ Jリーグ

シェアする

J1リーグ19節

セレッソ大阪-名古屋グランパス

7月13日(土)/19:00/ヤンマースタジアム長居

 

セレッソ大阪

今季成績(17試合終了時):7位 勝点27 8勝3分7敗 17得点・12失点

 

【最新チーム事情】

●10日の天皇杯2回戦では関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山に苦しめられながら、延長戦の末に3-1で勝利した

●天皇杯で先発出場した奧埜や瀬古らは連戦になる。

●ヤンマースタジアム長居の荒れたピッチ状態をロティーナ監督は問題視。

 【担当記者の視点】

 10日の天皇杯2回戦・アルテリーヴォ和歌山戦では、格下相手を延長戦の末になんとか振り切った。ただ、想定していなかった120分間の戦いを強いられたことにより、選手たちの疲労は不安材料。奧埜や瀬古らは中2日で再び先発出場することが予想されるだけに、コンディションが気がかりだ。


 デサバトが復帰する可能性があり、対戦する名古屋から移籍の打診を受けている柿谷がリーグ3試合ぶりにメンバー入りするかも注目される。

 

 また、ライブ開催などの影響でヤンマースタジアム長居のピッチは大荒れ状態。アルテリーヴォ和歌山戦では足を取られる選手が続出しただけに、今節の勝敗を左右する可能性がある。

 J1リーグ19節

セレッソ大阪-名古屋グランパス

7月13日(土)/19:00/ヤンマースタジアム長居

 

名古屋グランパス

今季成績(18試合終了時):9位 勝点25 7勝4分7敗 27得点・22失点

 

【最新チーム事情】

●3連敗中。ここ7戦は2分5敗と苦しい戦いが続く。

●前節の湘南戦で丸山が左膝を負傷。

●湘南戦同様に3バックを採用する見込み。

 【担当記者の視点】

 前節の湘南戦は0-2で敗れ、3連敗を喫した。リーグ戦のここ7試合は2分5敗と絶不調だ。久々の勝利を手にしたいが、湘南戦で左膝を痛めた丸山が欠場する見込みで、今節も苦しい戦いとなるだろう。

 

 最終ラインは前節に続いて3バックを採用しそうだ。一方で鍵となるのは攻撃陣。毎試合、チャンスは作れているが先制点を取れていないだけに、キッチリ仕留めて優位にゲームを進めたい。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事