今季キャリアハイ、32歳Jリーガーのプロを生き抜く秘訣。350試合出場達成の東京V小池純輝は何を実践したか?

今季キャリアハイ、32歳Jリーガーのプロを生き抜く秘訣。350試合出場達成の東京V小池純輝は何を実践したか?

2019.7.16 ・ Jリーグ

シェアする

 J2東京ヴェルディの MF小池純輝が7月14日のJ2リーグ・22節ツエーゲン金沢戦で、歴代17人目となるJ2リーグ350試合出場を達成した。小池のキャリアをたどると興味深い。2006年、浦和レッズの下部組織からトップ昇格したものの、出場機会に恵まれず、09年に当時のザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)に期限付き移籍した。ここから小池の“J2渡り鳥”が始まる。


 

 翌10年には水戸ホーリーホック、12年東京V、14横浜FC、16年ジェフ千葉。17年には関東圏を出て愛媛FCに。そして今季、東京Vに復帰とJ2、6チームを渡り歩いた。ひとつのチームで長く在籍する選手がいる一方、これだけ多くのクラブを経て、350試合出場を果たした選手は珍しい。

 

 平均引退年齢26歳。毎年、プロになった人数だけ、ピッチを去る厳しい世界で小池純輝はどうJ2を生き抜いたのか?

 

 その秘訣を小池はこう語る。

 

 自分の特長をよく知ること。次にその特長をチームメイトに伝えること。最後にその特長を磨くこと。「知る→伝える→磨く」この3つの要素のサイクルが重要だという。

 

 的確な自己分析とともに協調性が求められる。そのツカミとなる自己紹介では「エーコと呼んでください」とアピール。このあだ名は女優の小池栄子さんに由来するが、「なぜエーコなの?」「狩野英孝じゃないの?」などと聞かれることから、新天地でのコミュニケーションが始まる。

  とはいえ実力の世界。技術とともに汎用性が求められる。もともとFWの小池だが、現在は左右MF、左右SBと幅広くプレーする。複数のポジションで起用されるキッカケとなったのが草津時代の09年。リーグ開幕戦直後、小池は佐野達監督から呼ばれた。

 

「エーコ、後ろできるか?」

「できます!」

 試合に出たい小池に迷いはなかった。次節、未経験の左SBで先発。奇しくもこの試合がJ2デビュー戦となった。

 

「もしFWにこだわっていたら、とっくに現役を終わっていたと思う」

 この判断が大きな分かれ目となった。

  それでも順調ではなかった。幸い大ケガはなかったが、監督交代などで出場機会を失うこともしばしば。そんな時に脳裏に浮かぶのが草津時代のチームメイトで元韓国代表MFのチェ・ソンヨンの姿だ。

 

「ある試合で19人帯同して、ソンヨンさんだけが外された。なのに試合前、ピッチに入る前のアップで100パーセント全力だった。その姿勢に、試合に出られない時に何をするべきかが大事だと感じた」

 

 以降、壁にぶち当たった時、小池はトレーニングや食事に変化をつけ、自分の特長は何か、向きあった。こうした積み重ねでたどり着いた350試合。「良いことも悪いことも、ひとつずつかみ砕きながら一歩ずつ進んできた」と振り返る。

  プロ14年目の小池、今季は現在リーグ21試合連続先発出場中。キャリアハイの7得点。常に新鮮な気持ちでプレーしている姿。ベテランと言われる32歳でも伸び盛りの理由がここにある。

 

「もう1回、J1で。もちろん東京Vで」と次なる目標に向け、小池純輝がピッチを駆ける。

 

取材・文●佐藤亮太(レッズプレス!!)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事