イニエスタ中心のチーム作りは魅力的だが… フィンク体制3連敗。神戸が勝てない理由は何か?

イニエスタ中心のチーム作りは魅力的だが… フィンク体制3連敗。神戸が勝てない理由は何か?

2019.7.22 ・ Jリーグ

シェアする

 横浜F・マリノス戦を0−2で落とし、ヴィッセル神戸は3連敗となった。フィンク体制での戦績は2勝1分け3敗。シーズン後半戦では未だに勝点を積み上げられていない。この状況は何が原因だろうか。新体制下での6試合から考えてみたい。

 

 キャプテンのアンドレス・イニエスタは横浜戦の後に「特定のミスを減らしていかないと試合に勝つのは難しい」と振り返った。この試合ではGK前川黛也が痛恨のミスを犯し、結果的に2失点している。

 

 だが、イニエスタは何も前川のミスを話しているわけではない。5−3で勝利した名古屋戦でも初瀬亮とキム・スンギュの連係ミスで失点している。前々節の湘南戦では西大伍のクリアミスが失点にもつながった。

 

 フィンク監督は自身のUEFAチャンピオンズ・リーグでのミスを引き合いに出し、「サッカーにミスは付き物。試合中にいろいろな場面でミスはある。今日(横浜戦)は2つのミスが失点につながってしまったが、私たちはチームとして勝って、チームとして負けるので一人の選手を責めることはできない」と話している。その通りだ。

  もちろん、個人のミスによって試合が難しくなるケースはある。だが、それは相手チームも同じ。お互い様だと考えると、神戸の3連敗の原因はほかにあると思われる。6試合で12失点の結果を見ると、どうしても失点が原因のように見えるが、むしろ得点できていないことの方が敗因かもしれない。横浜戦は今季3度目の無得点に終わっており、イニエスタがフル出場した試合としては今季初の0点。ダビド・ビジャもウェリントンも古橋亨梧もフル出場している。このメンバーで無得点というのは、失点以上に問題と言える。

 

 そもそも今の神戸はたくさん点をとって勝つことを理想としている雰囲気がある。3−1で敗れた湘南戦の後、フィンク監督が「名古屋戦の様に失点が多くても、相手より点を多く取れば結果は問題ない」と話していることからも、その傾向は窺える。

 

 つまり、1−0で勝ったFC東京戦よりも、5−3で勝った名古屋戦の方が美徳とされるわけだ。

 

 それを踏まえて負けた3連敗を見ると、得点はわずか2点で失点は7。逆にフィンク監督就任直後の「2勝1分け」の3試合は8得点・5失点と得点が先行している。やはり得点が減っていることが敗因のひとつと考えられる。 横浜戦では、59分にチアゴ・マルチンスがレッドカードで退場し、神戸は数的優位に立った。1点ビハインドで残り時間は約30分。神戸のタレントを考えれば十分に逆転できる、いや、逆転しなくてはいけない状況だった。

 

 だが、1点も奪えなかった。シュート数は相手を3本上回る15本。決定機も何度か作れており、試合内容は決して悪くはなかった。それが却って、課題を見えにくくしているのかもしれない。

 

 ただ、なぜ得点できないのかを追求するのは難しい。バーやポストに嫌われたり、相手GKのファインプレーに阻まれたりというアンラッキーもあるからだ。

 

 追求すべきは、どうやって得点するか、であろう。

  現時点で、神戸の攻撃はほとんどがイニエスタ経由で進んでいる。それで相手を崩せているから特に問題はないという見方もできるが、逆に相手にとっては対策が練りやすいのも確かである。

 

 フィンク新体制での6試合を前半と後半に分けると、前3試合は神戸がどう出てくるか読めない部分が大きかった。だが、後3試合はある程度の予測ができるようになった。イニエスタがボランチにポジションを下げたことで、パスの軌道が読みやすくなっている可能性もある。イニエスタを中心にしたチーム作りは魅力的で、見ていて楽しい。だが、彼に頼り過ぎるとリスクも拡大する。これから神戸が勝っていくには、攻撃のオプションを増やすことがひとつのテーマになるかもしれない。

 

取材・文●白井邦彦(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事