【江坂任×瀬川祐輔|対談】群馬→大宮→柏。“激似”のキャリアの陰には知られざるエピソードも!?

【江坂任×瀬川祐輔|対談】群馬→大宮→柏。“激似”のキャリアの陰には知られざるエピソードも!?

2019.8.14 ・ Jリーグ

シェアする

 現在J2で首位を走る柏を牽引しているのが、江坂任と瀬川祐輔だ。前者は7ゴール、後者は5ゴールを決め、好調を維持している。そんなふたりは、プロキャリアが群馬→大宮→柏と“激似”。先日、対談を行ない、互いにどう思っているのか聞いてみた。

 

―――――

 

――ふたりの対談は初めて?

瀬川 初めてです。

江坂 そうですね。


――2年前の大宮時代からチームメイトなのに、意外です。

瀬川 継続して一緒に試合に出ることが少なかったからだと思います。特に大宮時代は俺が16試合しか出られなかった。


――互いを知ったのは?

江坂 俺が群馬から大宮に移籍した16年。群馬で俺が背負っていた26番を瀬川がそのあとに着けたので。

瀬川 俺もその年です。群馬に入団して26番をもらい、前に着けていた人が任くんだと知りました。


――それぞれ大学卒業後に群馬に入団した理由は?

江坂 理由と言うより、選択肢は群馬しかありませんでした(笑)。

瀬川 僕も群馬だけでした(笑)。


――ふたりともルーキーイヤーに42試合で13得点という同じ成績を残したのも興味深い。

江坂 瀬川が開幕戦でいきなり2ゴールを決めた時は焦りましたね。俺の13得点を超えられてしまうと。

瀬川 でも、そこから15試合ノーゴールだった。その時期は任くんのゴール集を毎日見ていたんですよ。任くんは(群馬で)活躍して(当時)J1の大宮に移籍したわけだから、同じ道を目指したいと思って。だから、任くんのゴールは全部覚えている。

江坂 嬉しいけど、俺としては『江坂を超えた!!』みたいに話題にされたくないから、『超えんなよ』と思っていた(笑)。

瀬川 俺は任くんの13得点を超えようと必死だった。

江坂 そういえば、瀬川が群馬でプレーしていた時に一度だけ試合を見に行ったんですけど……。

瀬川 それは言わなくていいって。

江坂 シーズン中に1試合だけですよ。なのに、その試合で……。

瀬川 いや言わなくていいだろーー。

江坂 瀬川がPKを外したんです(笑)。

瀬川 他の人が獲得したPK、しかもど真ん中に蹴って止められた(笑)。忘れもしない、ホームの町田戦(16年J2・21節)。

江坂 それを決めていたら、俺の13得点を超えていたのに。

瀬川 でも、PKなしで13得点だから俺のほうが上じゃない(笑)? 任くんはPK何本?

江坂 1かな。

瀬川 でも、これしか主張できないなーー(笑)。

 ――結果的には群馬での活躍が評価され、17年に瀬川選手も大宮に移籍して、昨季は同じ年に柏に加入。キャリアが似ているのは偶然ですか?

江坂 俺のほうが決まるのは先なので、なんとも言えないです。むしろ瀬川が付いてきた。

瀬川 付いていったのは否定できないけど、さすがに柏に移籍する時は任くんにどう思われるか心配した(笑)。任くんは(大宮で)34試合・7得点という成績を残したからオファーが来て当然だけど、俺なんか2ゴールで出場率も分数で計算したら30㌫もいかなかったから(3060分中862分/28㌫)。

江坂 電話してきたよね? 『柏に入ることになりました』って。

瀬川 ちゃんと報告したほうがいいと思ったので。

江坂 でも、試合に出ていなくても柏からオファーされたのは、素直に凄いと思ったよ。

 

―――――

 

 楽しそうに話す江坂と瀬川からは仲の良さが窺えた。「最近、一番よく喋っている」(瀬川)そうで、江坂は「昔からよく悩みを聞かされる」という。

 

「話していると、思っていることがだいたい一緒」の江坂と瀬川は、ピッチ上でのコンビネーションも絶妙だ。そんなふたりの連係に今後も注目したい。

 

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

 

※本記事は、サッカーダイジェスト8月22日号(8月8日発売)掲載の記事から一部抜粋・加筆修正したもの。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事