千葉・MF山本真希が松本へ期限付き移籍!「フクアリの雰囲気、一体感は最高でした」サポーターへの感謝を綴る

千葉・MF山本真希が松本へ期限付き移籍!「フクアリの雰囲気、一体感は最高でした」サポーターへの感謝を綴る

2019.8.14 ・ Jリーグ

シェアする

 松本は8月14日、J2・千葉のMF山本真希が期限付きで加入することを発表した。期間は2020年1月31日までで、背番号は26に決まった。

 

 山本は静岡県出身の31歳。地元の清水エスパルスのアカデミー出身で、ユース在籍中の2005年に17歳の若さでトップチームデビューを果たした。7年間清水でプレーし、2012年に札幌、翌年に川崎に移籍。2016年からは千葉に加入して、初年度からリーグ戦23試合に出場した。今回の移籍で約4年ぶりのJ1復帰となる。

 

 松本は公式サイトに山本のコメントを掲載。

 

「松本山雅FCのみなさん、はじめまして。ジェフユナイテッド千葉から加入した山本真希です。チームの勝利に貢献できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」

 

 また千葉を通じては、クラブの目標達成に貢献できなかった謝罪の気持ちと、いままでの感謝の言葉を綴っている。

 

「この度、松本山雅FCに移籍することになりました。在籍した3年半でなかなかクラブの力になれず目標であるJ1昇格に貢献できなくて申し訳なく思っています。どんな時も熱い声援で後押ししてくれたサポーターの皆さんには本当に感謝しています。フクアリの雰囲気、一体感は最高でした。ありがとうございました」

 



構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事