天皇杯、法政大が宮本ガンバを破る“ジャイキリ”達成! エース上田が退部もJ1相手に2-0快勝劇!

天皇杯、法政大が宮本ガンバを破る“ジャイキリ”達成! エース上田が退部もJ1相手に2-0快勝劇!

2019.8.14 ・ Jリーグ

シェアする

 第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会は8月14日、各地で3回戦の16試合を行なった。味の素フィールド西が丘では、ガンバ大阪対法政大の一戦が行なわれ、法政大が2対0で勝利を収めた。



 G大阪は井手口陽介が再加入後、初スタメン。直近のリーグ22節・広島戦で出番のなかった遠藤保仁も同じく先発に名を連ねた。一方、エースの上田綺世が鹿島入りによって退部した法政大は、FC東京内定の紺野和也がベンチスタートとなった。


 試合はJ1のG大阪に対して、法政大が立ち上がりから攻撃的な姿勢で応戦。24分には敵陣に押し込んだ法政大が見事な連係から、最後は大西遼太郎が右足を一閃。狙い澄ましたシュートがG大阪ゴールに突き刺さった。法政大が先制する。


 前半は1対0で法政大がリードして終了。すると、G大阪のサポーター席からはチームの奮起を促す大きなブーイングが轟いた。


 迎えた後半、G大阪はアデミウソン、宇佐美貴史らを投入して反撃に出る。しかし、法政大も身体を張ったディフェンスで得点を許さず、逆に70分にはCKから森岡陸がヘディングシュートでネットを揺らす。法政大が待望の追加点をゲットする。


 試合はこのまま2対0で終了。法政大がJ1のG大阪を倒す、文字通りのジャイアントキリングを達成し、16強入り。4回戦進出を決めた。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事