プレーしたからこそ分かった、F・トーレスが思うJリーグの最も凄いところ

プレーしたからこそ分かった、F・トーレスが思うJリーグの最も凄いところ

2019.8.24 ・ Jリーグ

シェアする

 8月23日のJ1リーグ24節・神戸戦(●1-6)をもって、サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスが現役を引退した。

 

 昨年7月22日のJ1リーグ17節・仙台戦で鳥栖デビューを果たしてから、F・トーレスがJリーグでプレーしたのは約1年。J1では35試合・5得点(昨季=17試合・3得点/今季=18試合・2得点)の記録を残した。


 この間、日本でプレーしたことで、F・トーレスはJリーグに何を思ったのだろうか。

 

「(Jリーグは)まずは選手のクオリティが非常に高いと思います。そしてスタジアムの雰囲気は本当に素晴らしく、自チームも応援するのはもちろん、例えば相手チームも応援するようなこともあったのは、素晴らしかったと感じています」 F・トーレスはJリーグのスタジアムの雰囲気も評価したが、「選手のクオリティの高さ」についてはその後も強調するかのように2、3度述べていた。最も凄いと思ったところなのだろうが、同時に改善点も話した。

 

「選手のクオリティは高いけど、チームとして機能しているかを考えると、チームを構築するのは時間がかかる。そこを踏まえていけば、良くなるかなと。サッカーはチームスポーツですから。とはいえ、選手のクオリティが高いのは素晴らしい。そのクオリティをチームとして機能させるための仕事をするだけだと思います。Jリーグは30年弱の若いリーグです。クラブも若くて、良くなる要素がたくさんある」

 

 だからこそ、日本に残るのだろう。すでに先日に行なわれた引退会見で、セカンドキャリアは鳥栖のチームアドバイザーを務めることも明かしている。

 

 現役ラストマッチとなった神戸戦後にも、鳥栖での今後について「将来もクラブの組織をしっかり作っていきたい」と意気込みを口にした。

 

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事