例年以上の注目度!上向き同士の熱きバトルに“四国ダービー”があることの幸せを感じた…

例年以上の注目度!上向き同士の熱きバトルに“四国ダービー”があることの幸せを感じた…

2019.9.11 ・ Jリーグ

シェアする

 今回の「四国ダービー」は例年以上に注目の大一番だった。


 愛媛は、前節の福岡戦を落としはしたが、それまでの5試合で16得点と攻撃陣が爆発。とくに、2試合前の大宮戦では5-1の大勝で、川井健太監督がこだわる「攻撃的スタイルに振り切る」成果が数字に表われ始めていた。

 

 対する徳島もここまで3連勝。順位を一桁の9位に上げ、プレーオフ出場圏を射程内に捉える。「個人的にも燃えないわけがない」と対戦前に目をぎらつかせていたのは、愛媛5年目の近藤貴司。5試合で4得点・5アシストと覚醒中の近藤は、「ダービーだけ見に来る人もいる。そこで勝てばお客さんも増えるはず」とリーダーの自覚を胸に、来る一戦に闘志を燃やしていた。

 

 プロクラブとしての対戦は、これが32回目(愛媛9勝、徳島16勝、引分け6試合)だが、アマチュア時代を含めると39回目。愛媛は、JFL時代に7度徳島(大塚製薬)と対戦して、一度も勝てず後塵を拝していた。初勝利は実に8度目の対戦、2006年に愛媛がJ2に上がった年だった。


「Jに行くのもJ1に行くのも常に向こうが先で、環境面も含めて常に我々の一歩先を行っている」と自らも現役時代に四国ダービーの経験がある愛媛の川井監督は、好敵手にリスペクトを込める。

  今季はカップ戦を含め、すでに2度対戦。いずれもアウェーゲームとなったが、90分間では決着がつかず、1分け1敗(J2第9節1-1/天皇杯2回戦0-0 PK3-5)で愛媛が負け越していた。

 

 しかし、愛媛はそこからチーム力を上げ、柏や長崎、大宮らに快勝するなど、上位喰いを得意としていた。指揮官は「僕のひねた性格がチームに移ったのかな(笑)。得点が多い方がお客さんも喜んでくれますし」と自信満々に宣戦布告。ともに攻撃的かつ上向き状態で激突する今回のダービーは、看板に偽りなしの好ゲームとなった。


「ダービーは勝利のみ!」と書かれた横断幕が応援席に掲げられたアウェー側スタンドはほぼ満席。キックオフ前、愛媛が保持していたダービーフラッグが返還されると、ニンジニアスタジアムは異様な高揚感に包まれた。 ベストメンバーで臨んだ徳島に対し、愛媛は主力3人が欠場。右WBの長沼洋一がU-22代表北中米遠征に招集、ボランチ野澤英之は累積の出場停止、さらに6試合3得点のFW丹羽詩温が2日前の練習で怪我。戦力ダウンが心配されたが、ミラーゲームで始まった試合は、「ガマンし合う堅い入りだった」と両指揮官が認め合ったように、イーブンの展開だった。

 

 徳島の両WB杉本竜士&岸本武流が相手の最終ラインを何とか下げようと高い位置を取るが、愛媛の守備陣5枚は意地でも下がらない。決定機は少ない前半だったが、ボールを保持してもラフにプレーをしないハイレベルな展開が続いた。両者にらみ合ったまま動かない剣客同士の果たし合い。観客は息をするのも忘れ、あっという間に45分が過ぎていった。

 

 愛媛のディフェンスが決壊したのは74分の1度だけだった。

 

 ボックス内でくさびとなった河田篤秀が野村直輝に落とすと、得意の左足に持ち直して思い切りよく振りぬいた。「その時間だけボールにチャレンジできていなかった。普通の負けとは違う。本当に悔しい」と唇を噛んだのは愛媛の田中裕人。試合は0-1で徳島が勝利した。

 

 何度もピンチを防いだGKの岡本昌弘。「ダービーを取り損ねたのはホントにショックで…申し訳ない。トライ&エラーを繰り返していくしかない」岡本は共同会見が終わった後まで、何度も謝罪の言葉を繰り返した。

  愛媛が防戦一方だったわけではない。フルタイムのシュート数は愛媛8本、徳島12本。後半になるとお互いに決定機も増え、まさにダービーらしい白熱したゲームになった。


 通常のホームゲームなら6,903人のサポーターは満足していたはずだ。しかし、これはダービーだ。内容を求められない唯一のゲーム。勝って得るものは絶大だが、負けて背負うものも通常とは桁が違う。


 徳島は今日に向けて、長谷川徹副主将が選手全員にダービーについての歴史や想いを伝えていてたそうだ。決勝点の野村は「徳島に来て半年ですがこれでようやく県民の一員になれたと思います」と事の大きさを実感していた。

 

 徳島にとっての4連勝目は四国王者を奪還しただけでなく、プレーオフと自動昇格も視野に入れることが出来るトライアンフとなった。

 

 一方、愛媛の2連敗目は…。

 

「(サポーターも)この敗戦を受け止めるのは簡単ではないですが…僕らと一緒に消化して…残りのゲームを一緒に向かっていけたらなと思います…」


 絞り出すように言った試合後の山瀬功治。見るに忍びないほどに肩を落として皆がピッチを後にした。しかし、私たちは今の愛媛ならどんなに打ちのめされても、再び力強く歩き始めるということを知っている。

 

 そして、“四国ダービーがある事”の幸せもよく知っている――。

 

取材・文●江刺伯洋(南海放送アナウンサー)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事