「ビルバオ戦のクボを見たけど…」G大阪のスサエタが語る久保建英の印象。リーガで対戦した乾貴士はどう評価した?

「ビルバオ戦のクボを見たけど…」G大阪のスサエタが語る久保建英の印象。リーガで対戦した乾貴士はどう評価した?

2019.10.9 ・ Jリーグ

シェアする

 9月9日にガンバ大阪に電撃加入したのがマルケル・スサエタだ。『サッカーダイジェスト』では、この元スペイン代表MFの単独インタビューを実施。そのなかで、スペインでプレーする日本人選手についても語っている。


 スサエタの出身地でもあるエイバルでプレーし、アスレティック・ビルバオ時代に何度も対戦した乾貴士については、「ラ・リーガで長く結果を残している素晴らしい選手だ。エイバルを離れた昨シーズンは苦しんだみたいだけど……」と評し、こう続けた。


「クオリティーが高く、決定的な仕事ができる。彼のおかげで(エイバルが)勝った試合は何度もあったはずだ」


 また、マジョルカでプレーしている久保建英については、「生でプレーを見たことはないけど、もちろん知っている」と前置きしてうえで、古巣A・ビルバオ戦(ラ・リーガ4節)をチェックした時に抱いた印象を教えてくれた。

 「ビルバオとの試合を日本で観戦していたけど、PKを獲得したプレーは、見事だったね。打開力に優れていて、スピードもあるから、世界のどのリーグに行っても活躍できると思うよ」


 また、その久保をはじめ、サラゴサの香川真司やウエスカの岡崎慎司も新天地を求めるなど、スペインでプレーする日本人選手が増えている点について訊くと、まだ3試合ながらJリーグでプレーした経験も踏まえて、こう持論を述べた。


「日本の選手は総じて技術が高く、スピードもある。慣れることさえできれば、どのリーグでも通用すると思う」


 インタビュー中に、何度もチームメイトやJリーグのクオリティーの高さを強調していたスサエタ。朴訥としたその話しぶりから、リップサービスには感じられなかった。


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)


※インタビュー全文は、10月10日(木)発売の『サッカーダイジェスト』に掲載します。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事