【ルヴァン杯|採点&寸評/鹿島】第1レグは痛恨の逆転負け。ミス散見の犬飼、決定機逸の上田は厳しく評価

【ルヴァン杯|採点&寸評/鹿島】第1レグは痛恨の逆転負け。ミス散見の犬飼、決定機逸の上田は厳しく評価

2019.10.9 ・ Jリーグ

シェアする

[ルヴァンカップ準決勝第1戦]川崎3-1鹿島/10月9日/等々力

 

【チーム採点・寸評】

鹿島 5

試合の入りは良く、その流れで先制に成功。ただその後は劣勢の展開。前半のうちに同点に追いつかれて、後半もペースを取り戻せずに2失点。中盤の攻防で後手を踏み、相手の素早い攻守の切り替えの前に苦しんだ。

 

【鹿島|採点・寸評】

GK

21 曽ケ端準 5

1失点直後のL・ダミアンのバイシクル弾はしっかりセーブ。ただ、後半は痛恨の2失点。ハイボールの処理もやや不安定だったか。

 

DF

2 内田篤人 6(81分OUT)

2分に思い切ったシュート。本職の守備では1対1の場面でほぼ負けていなかった。アウトになりそうなボールを見事にトラップ。スタンドを沸かせた。

 

5 チョン・スンヒョン 5.5

鋭い出足でピンチを未然に阻止。入ってくるボールを懸命に撥ね返し続けたが、川崎の厚みのある攻撃に押し込まれた。

 39 犬飼智也 5

自陣で横パスをかっさらわれるなど、ミスパスが散見。タイトなディフェンスが光るも、失点は防げなかった。

 

26 小池裕太 5.5

前半は持ち前の攻撃センスを発揮する場面が少なかった。後半も我慢の時間帯が続くが、辛抱強く守っていた。

 

MF

37 小泉 慶 5.5

徐々に守勢に回る展開のなか、身体を張った守備で奮闘。ただ、流動的な相手の中盤を捕まえるのに苦心した印象。

 

6 永木亮太 5.5

前後左右への“圧”の強いプレーで簡単に危ない場面を作らせず。奪った後の反撃を考えた的確なプレーでチームを助けたが、相手に翻弄されるシーンも。


MF

11 レアンドロ 5.5

右クロスで白崎のゴールをアシスト。ただ、大事な場面でコントロールミスが散見され、後方からの不用意なファウルでイエローカード。

 

41 白崎凌兵 5.5

レアンドロのお膳立てからヘッドで1得点。攻撃の時間は限られていたなか、効果的な縦パスで打開を試みるも、なかなかこじ開けられなかった。

 

FW

25 遠藤 康 5.5(86分OUT)

川崎に家長がいるなら、鹿島には遠藤がいる。巧みなキープと独特のリズムでチームの攻撃を落ち着かせたが、決定的な働きはできなかった。

 

36 上田綺世 5(73分OUT)

前線からのチェイスは悪くなかった。もっとも、33分のビッグチャンスはバーの上。FWとしての重要な仕事は果たせずに途中交代。

 途中出場

FW

15 伊藤 翔 5.5(73分IN)

2トップの一角に入る。盛んにボールをもらう動きも、思うようなパスが届かず、期待されたゴールは奪えなかった。

 

MF

30 名古新太郎 ―(81分IN)

ボランチでプレー。テンポの良い配給で攻撃をスピードアップさせるなど良さは出したが、結果には結びつけられず。

 

MF

8 土居聖真 ―(86分IN)

伊藤と2トップを組む。積極的にプレーに関与し、前を向いてゴールを狙ったが、敵の固い守備を崩せなかった。

 

監督

大岩 剛 5

時間の経過とともに重心が重くなる展開で、流れを覆せず、1-1で終わらせる策を打ち出すこともできなかった。

 

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事