町田・藤田晋オーナーが明らかにした“未来構想”。クラブ名に“トウキョウ”を加え「一番意識しているのは…」

町田・藤田晋オーナーが明らかにした“未来構想”。クラブ名に“トウキョウ”を加え「一番意識しているのは…」

2019.10.12 ・ Jリーグ

シェアする

 昨年の10月に着任した町田のオーナーとして、藤田晋サイバーエージェント(CA)社長が思い描いてきた、“クラブの未来構想”が明らかにされた。町田は11日、市内の和光大学ポプリホール鶴川でサポーターミーティングを開催し、藤田オーナーと大友健寿取締役社長が登壇。その場で藤田オーナーが思い描く“クラブの未来構想”について、自らの口で語った。


 まずクラブのビジョンとしては、2020年にJ1昇格を果たし、21年にJ1参戦。それ以降、24~25年にJ1優勝を争えるクラブに成長を遂げ、24年にJ1優勝、そして25年のACL制覇をひとつの“終着点”としている。こうしたビジョンを実現しようにも、昨年までの町田は、トレーニング施設の環境整備を最大のネックとしてJ1ライセンス交付を阻まれてきた。しかし、昨年の12月、クラブライセンスにおける基準が緩和されたことで光が見えてきた。

 

 今年の町田は天然芝のグラウンドを有したクラブハウスが向こう3年の間に完成する“ロードマップ”を提出したことで、22年6月までの完成を条件付きとして、この9月末にクラブ史上初めてJ1ライセンスが交付されていた。なお、ホームスタジアム・町田市立陸上競技場をJ1基準にする拡張工事は、行政の協力を得て21年3月に完成予定。そしてクラブハウス建設に向けては、昨年10月のCAによる第三者割当増資で得た資金(約8億円)が活用される見込みだ。


 J1ライセンスを取得した町田が、次なる段階に踏み出すために必要なこと。それはJ1昇格、J1定着、そしてJ1優勝・アジア制覇を実現できる経営規模のクラブになることに尽きる。唐井直GMはJ1定着のためには、20億円の予算規模を誇るクラブになることをひとつの目安としており、そのためにも藤田オーナーはさらなるファン層の拡大がマスト条項であることを、11日のミーティングで明かした。そのための具体的な施策のひとつが、クラブのリブランディング。その象徴がクラブ名を「FC町田ゼルビア」から「FC町田トウキョウ」に改称することだ。

  クラブ名の改称はすでに昨年10月、クラブの運営会社である株式会社ゼルビアがCAグループに参画する際の契約条項に盛り込まれていたという。そのため、藤田オーナーはクラブのフロント陣と新しいクラブ名を検討する中で、世界に対して首都・東京というブランドを最大限に生かすためにも、町田が首都・東京にある町田を拠点としたサッカークラブであることを印象付けるのが効果的と判断。最終的に「FC町田トウキョウ」に改称する運びとなった。


 もちろん、近年のサポーターにとっては、切っても切り離せない“ゼルビア”がクラブ名からなくなる喪失感を踏まえ、クラブのルーツでもあるFC町田の名を残すことをひとつの前提として、東京とゼルビアの“共存”を踏まえたクラブ名も検討してきた。それでも、オーナーの言葉を借りれば、「東京とゼルビアの両立は難易度が高い」として、断腸の思いで決断したという。

  そもそもサッカークラブの収益構造は、サポーター、スポンサー、グッズの三要素でほぼ成立している。そのため、ファン・サポーターの母集団の数を拡大しなければ、大幅な収益増は見込めない。ちなみに町田の平均観客動員数は、昨年ベースで1試合平均4,915人。クラブはシャトルバスの増便・増発による町田市立陸上競技場への交通アクセス改善や、さまざまなイベントの実施といった集客の努力を続けてはいるものの、現状は観客動員の大幅な増加には至っていない。もちろん、町田が観客動員で苦戦している原因は内的要因だけではなく、外的要因も大きく、その裏側にはホームタウンの置かれた厳しい環境がある。


 町田のホームタウン近隣には川崎フロンターレやFC東京、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレといったJ1の強豪クラブや東京ヴェルディ、横浜FCなど、J2クラブもひしめき合っている。ましてや町田はJリーグ参入が2012年と“後発”である上に、そうした立地条件を踏まえると、ホームタウンおよび町田近郊エリアでのマーケットやファン層拡大には限界がある。そのため、首都・東京にある町田をアピールすることで、さらなるマーケットの拡大を図るためにも、クラブ名に「トウキョウ」を盛り込む必要性があることを、藤田オーナーはミーティングの中で強調していた。

  また「FC町田ゼルビア」ではスポンサー拡大に難しい側面はあっても、「トウキョウ」がクラブ名につくことで大規模なスポンサー獲得も見込めるという。ファン層の拡大がグッズの収益増やスポンサー獲得につながり、クラブとしての収益構造の“好循環”を生み出す。クラブのリブランディングを図ろうとする動機は、そうした発想が根底にある。


 なお、「FC町田トウキョウ」への改称にあたって、エンブレムの改定やチームマスコットの再考も検討材料とされてきたため、11日のミーティングでは、そのデザイン案もお披露目された。新チームマスコットとして、町田の市鳥であるカワセミを模した“アメコミ”系のマスコットが登場することで、現在Jマスコット界の“イケメン枠”として人気を博しているゼルビーの将来を憂う声に対しては、ゼルビーはスタジアムマスコットとして残すことを表明している。

 加えて、藤田オーナーはサポーターの懸念点を少しでも払拭しようと、「株式会社ゼルビアとしてゼルビアは社名で残します」「チームカラーは変えません」「本拠地町田からは出ていきません」といった宣言も公開した。さらにチーム名のコールで「町田ゼルビア」がサポーターの間で使われていることを尊重し、来季以降、試合でのゼルビア・コールも容認。またFC町田の誕生から親しまれてきた「『通称・エフマチ』で呼んでほしい」とサポーターにリクエストも出していた。


 最後に設けられた質疑応答のコーナーでは、「ゼルビア」に対する愛情を涙ながらに語る質問者に感銘を受けた藤田オーナーが、会場内でクラブ名改称に賛成か反対か、多数決を取ることを提案。実際には拍手の音量が五分五分だったため、クラブ名改称に関する最終的な結論を保留した。サポーターミーティング後、取材に応じた藤田オーナーは「ファン・サポーターと膝を突き合わせて話し合っていきたい」と語り、今後ファン・サポーターと話し合いの機会を持つことを示唆している。 こうしてクラブ名改称の結論は先送りとなった格好だが、町田は今後、クラブとして大きな転換期を迎えることは間違いない。「ハード面が整うまでは大きな動きはしません」と明言した藤田オーナーだが、20年秋頃の完成を見込んでいるというクラブハウスの使用開始を、大きな一歩を踏み出すひとつのタイミングとして見据えている。


「トウキョウをクラブ名に加えることで一番意識しているのは外国籍選手の獲得。クラブのブランド力を上げて、このユニホームを着られてうれしい。このクラブでプレーしたいとならないと」

 もちろん、海外の“ビッグネーム”獲得ありきではなく、「多額の人件費を用意して、良い選手をバンバン獲って、壊れていったチームを数多く見てきた」藤田オーナーは、慎重な姿勢を崩していない。


「現場の監督やGM、強化部長とも相談をしながら、適切な着地点がどこなのか。そこを見極めつつ、それなりの規模感でチーム人件費を増やすことは間違いないです。まあ、三木谷さんほどは無理なんですけど、できる限りは頑張ろうと思っています」


 藤田オーナーはそう言って謙遜しながらも、東京・町田から世界規模のクラブを目指す“本気度”をのぞかせていた。


取材・文●郡司 聡(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事