【J1展望】名古屋×神戸|フィッカデンティ体制未勝利の名古屋。イニエスタ先発予想の神戸に意地を見せられるか

【J1展望】名古屋×神戸|フィッカデンティ体制未勝利の名古屋。イニエスタ先発予想の神戸に意地を見せられるか

2019.11.8 ・ Jリーグ

シェアする

J1リーグ31節

名古屋グランパス - ヴィッセル神戸

11月9日(土)/14:00/豊田スタジアム

 

名古屋グランパス

今季成績(30節終了時):14位 勝点33 8勝9分13敗 41得点・47失点

 

【最新チーム事情】

●フィッカデンティ体制になって2分2敗。勝利が遠い。

●J1参入プレーオフ圏内の16位・湘南とは勝点2差、自動降格圏の松本とは勝点3差。

●前節、退場処分の吉田が出場停止。

 【担当記者の視点】

 勝利が遠い。前節の札幌戦は0-3で敗れ、フィッカデンティ体制になって2分2敗。J1参入プレーオフ圏内の16位・湘南とは勝点2差、自動降格圏の松本とは勝点3差と、厳しい戦いが続く。

 

 修正したいのは4試合で2ゴールしか奪えていない攻撃面で、失点が増えているセットプレーの守備も課題だ。そこはエースのジョーの奮起に期待しつつ、集中力を保ちながらしっかり守り切りたい。シーズンは残り4試合。下位の鳥栖、磐田との直接対決は残しているが、ホームで勝点を奪えないとなると、非常に苦しくなる。

 

 J1リーグ31節

名古屋グランパス - ヴィッセル神戸

11月9日(土)/14:00/豊田スタジアム

 

ヴィッセル神戸

今季成績(30試合終了時):10位 勝点38 11勝5分14敗 53得点・54失点

 

【最新チーム事情】

●山口がキルギス戦とベネズエラ戦、古橋がベネズエラ戦で、それぞれA代表に選出される。古橋は初招集に意気込む。

●前節の仙台戦は2-0で勝利。リーグ3試合ぶりに白星を掴む

●仙台戦で小川が2得点。調子を上げている。

 【担当記者の視点】

 前節の仙台戦に勝利し、残留争いを一歩リード。メンタル的にも、ある程度の余裕が生まれていて、2連敗中の名古屋には、優位に立てるだろう。

 

 前節に負傷から戻ってきたイニエスタも今節は引き続き先発が予想され、チームとして主導権を握れるのではないか。立ち上がりからリズムを掴んで、先制点を奪えれば、そこまで難しい試合にはならないはずだ。

 

 警戒したいのは名古屋のカウンターだ。特にカウンターの基準点となるジョーや、機動力と突破力のある前田、テクニシャンのG・シャビエルは要注意。前掛かりになり過ぎないように気をつけたい。

 

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事