「僕が夢を語ったら…」岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治がJ3参入へ!

「僕が夢を語ったら…」岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治がJ3参入へ!

2019.11.11 ・ Jリーグ

シェアする

 11月10日(日)に行われたJFL(日本フットボールリーグ)第27節に勝点46の3位で臨んだFC今治は、ホームのありがとうサービス.夢スタジアム(以下、夢スタ)に12位のFCマルヤス岡崎を迎え1対0で勝利を収めた。


 同時刻に開催されていた勝点38の5位・ホンダロックSCがMIOびわこ滋賀に1対1で引き分け。さらに勝点37の6位・ヴィアティン三重が鈴鹿アンリミテッドに0対0の引き分けで終わったことで、残り3試合を残しJ3昇格への絶対条件となるJFL4位以上が確定した。


 すでにFC今治は2018年よりJ3クラブライセンスを取得。今季年間平均観客数もJ3昇格の基準となる2,000人以上が確定しており、これで1976年・大西サッカークラブとして創設以来43年目、元日本代表監督の岡田 武史氏が経営に参画して5年目、そしてJFL3年目にしてJ3昇格条件をすべて満たしたことになる。

 3,381人が詰めかけた観衆から大きな歓声があがったのは前半27分のことである。相手GKのミスパスを右サイドで拾ったMFの玉城峻吾(前・ツエーゲン金沢)がFWの内村圭宏(前・コンサドーレ札幌)にボールを預けると、ルックアップした内村はボランチの位置からPA内へと走りこんできた元日本代表・橋本英郎(前・東京ヴェルディ)に絶妙のスルーパス。「昇格を決めるゴールを決めたいと思っていた」職人が放った「第27節・前半27分・背番号27」のトリプル27となる右足シュートはゴール左隅に転がっていった。


 その後、FC今治は元ガンバ大阪FWの平井将生のドリブルや、前・名古屋グランパスのFW松本孝平のパワープレーを駆使したFCマルヤス岡崎に苦しめられる場面もあったものの、最終的にはGKの修行智仁(前・大分トリニータ)や3バック中央の園田拓也(前・ロアッソ熊本)を中心とした最終ラインと「前からアグレッシブにプレッシャーをかけようとした」右アウトサイドMFの元日本代表・駒野友一(前・アビスパ福岡)を中心とした中盤のコンパクトな布陣が機能。


 最後は前線に今季途中にポルトガルのポルティモネンセから復帰したFW長島滉大の突破力も活用し逃げ切りに成功。試合終了直後にホンダロックSCとヴィアティン三重の引き分けが判明すると、選手たちは「Jの鍵」を持ったキャプテンのDF太田康介(前・ツエーゲン金沢)を中心にスタンドと一体になってJ3昇格の喜びを分かち合った。 試合後の会見ではコーチ・ディベロップメントオフィサーから転じ就任1年目でミッションを成し遂げた小野剛監督(元サンフレッチェ広島監督など・元日本サッカー協会技術院長)は「絶対に到着しなければいけないミッションだったので今はホッとしている」と実感を述べつつも「今シーズンからJリーグでも通用するチームになることを目指してトレーニングをしてきたので残り3試合もシーズンを通じて成長し続けることをやっていきたい」と今後の意気込みをコメント。


 また、FC今治5年目でシーズン終盤に守備の安定感をもたらしたDF中野圭は「正直長かったし感慨深い。今年は特にスタッフ業務も兼任して応援してくれるサポーターのためにより責任感を持ってプレーするようになったことがよかったと思う」とい感想を述べた。

 なお、記者会見に応じた岡田オーナーは「また行政に怒られちゃうかな」と茶目っ気ぶりを発揮しつつ「1万人規模のスタジアムも恐らくできると思う」と現在J3規格しか満たしていない夢スタに代わるJ2規格スタジアムの建設決定が間近に迫っていることを示唆。「僕が夢を語ったらみんなさが集まってくれたし助けてくれた。社員も大変だったと思うが、5年目にJ3昇格を果たしたことには満足しています」と今治地域の運命共同体である60名あまりの社員たちに感謝の言葉も添えている。


 かくして2020年からは徳島ヴォルティス、愛媛FCに続く4つ目のJクラブ、J3ではカマタマーレ讃岐に続く第2の勢力が誕生することになった四国地区。将来的に運営資金30億のビッグクラブを狙うFC今治が、今後どんな発展を遂げていくか目が離せない。


取材・文●寺下友徳(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事