「ナイスコンビ!!!」神戸ビジャが“森保Jの”山口蛍とユニ交換!貴重ツーショット公開に国内外から反響!!

「ナイスコンビ!!!」神戸ビジャが“森保Jの”山口蛍とユニ交換!貴重ツーショット公開に国内外から反響!!

2019.11.22 ・ Jリーグ

シェアする

 今季限りでの引退を発表したヴィッセル神戸の元スペイン代表FW、ダビド・ビジャが21日、自身のインスタグラムを更新。日本代表の山口蛍との貴重なツーショット写真を公開して話題を呼んでいる。


 ビジャは今月13日に、今季限りでの引退を発表したばかり。「サッカーに引退させられるのではなく、自分の意思で引退したいと思った」と独自の美学を貫き、スパイクを脱ぐ決意を固めた。引退後は2021年にMLS(メジャーリーグ・サッカー)の2部に相当するUSL(ユナイテッド・サッカーリーグ)に参入するクイーンズボロFCの共同オーナーとなるプランも発表している。


 そんなビジャが21日、インスタグラムとツイッターで「Arigato Amigo!!!」と綴って公開したのは、19日のキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦で約8か月ぶりの代表復帰を果たし、1ゴールを挙げた山口蛍とのツーショット写真だ。ビジャは山口が代表で着用していた20番のユニホームを、そして山口はビジャが着用する神戸7番のユニホームをそれぞれ手にしている。お互いが着用するユニホームを手にしての貴重なツーショット写真となった。

 この投稿には国内外から多くの反響があり、「Great Players(偉大な選手たち)」「So cool(超カッコイイ)」「引退なんて寂しいなあ」「ナイスコンビ!!!」「ビジャ選手の凄さ 人間性の良さがやっぱ伝わります」といったコメントが寄せられている。


 ビジャは19日のベネズエラ戦の観戦にも足を運び、同僚の古橋亨梧の代表デビューや山口のゴールを見届けている。また、試合後にはベネズエラ代表のもとを訪れ、ニューヨーク・シティ時代の同僚だったMFジャンヘル・エレーラと再会したことをSNSで報告していた。


 ビジャのピッチ上での勇姿が見られるのは、Jリーグでの残り3試合のほか、準決勝まで勝ち上がっている天皇杯の舞台に限られている。果たして、自身が熱望する天皇杯タイトルを置き土産にすることはできるだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事