なでしこ熊谷紗希が初のアジア最優秀選手賞に選出! ソン・フンミンが受賞したのは?

なでしこ熊谷紗希が初のアジア最優秀選手賞に選出! ソン・フンミンが受賞したのは?

2019.12.3 ・ Jリーグ

シェアする

 AFC(アジアサッカー連盟)は12月2日に、AFC年間アワード2019の表彰式を香港で開催した。


 日本からは選手、監督合わせて10人がノミネートされていたが、インスパイアリング協会賞でJFAが表彰されたのを含め、5部門で表彰を受けた。


 目立ったのは女子の充実ぶりだ。年間最優秀選手賞に、なでしこジャパンの主将を務めるDF熊谷紗希(リヨン)が初選出されれば、最優秀監督賞は高倉麻子監督が3年連続7度目の受賞。また、若い世代を対象とした年間ユース最優秀選手賞には、遠藤純(日テレ・ベレーザ)が輝いた。


 一方、男子は、協会賞のほか最優秀フットサルプレーヤーに日本代表の吉川智貴(名古屋オーシャンズ)が選ばれた。


 浦和レッズのDF槙野智章がノミネートされていた年間最優秀選手賞は、カタールのアクラム・アフィフ(アル・サード)が、バルセロナBの安部裕葵が候補となっていた年間ユース最優秀選手賞は韓国のイ・ガンイン(バレンシア)がそれぞれ選ばれた。

 そのほか、昨年は長谷部誠(フランクフルト)が受賞し、2年連続でノミネートされてもいたアジア国際年間最優秀選手賞には、ソン・フンミン(トッテナム)が選出。欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)で、クラブ初のファイナル進出に貢献した活躍が評価された。


 また最優秀監督賞の候補に挙がった浦和の大槻毅監督、鹿島アントラーズの大岩剛監督はともに受賞を逃している。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事