【J1ベストイレブン】優勝目前の横浜から3名を選出!MOMは3ゴールに絡んだ助っ人FW

【J1ベストイレブン】優勝目前の横浜から3名を選出!MOMは3ゴールに絡んだ助っ人FW

2019.12.3 ・ Jリーグ

シェアする

 J1リーグは11月30日に各地で33節の全9試合が開催された。その試合で活躍した選手の中から、サッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。


 MVPに選定したのは、重要な一戦で2ゴール・1アシストを記録した横浜FWのエリキだ。川崎との”神奈川ダービー”では、49分にスルーパスに抜け出し絶妙なトラップでGKとの1対1に持ち込むと冷静に流し込みチーム2点目のゴール。仲川輝人からスペースに出されたグラウンダーのクロスに飛び込み右足で決めた69分の得点とともに素晴らしいゴールだったが、特筆すべきは89分、プレスバックからボールを奪うと左サイドを駆け上がり、飛び出してきたGKを見て、冷静に遠藤渓太へパスを選択。優勝の可能性を広げる確実性の高いプレーで、ダメ押しの4点目を演出した。


 さらに横浜からは2人を選出。エリキの1点目をアシストし、ポジショナルプレーを体現、偽のSBとしての動きを完璧に表現した松原健と、抜群の運動能力で川崎の攻撃を防いだDFのチアゴ・マルチンスを選んだ。

 同じく3人を選出したのは湘南から。湘南らしい激しいプレスと、フェアなディフェンスでピンチを防ぐと、気の利いたパスやミドルシュートで攻撃にもリズムを作ったMFの齊藤未月。抜群の空中戦と背後を取らせぬディフェンスを見せたDF坂圭祐。ピンチも鋭い反応で防ぎ冷静なビルドアップで攻撃にも貢献したGKの富居大樹を選定した。負ければ降格もあり得た湘南は、気持ちの籠ったプレーで、オウンゴールで得た1点を守り切り、広島に1-0と勝利。自力残留の可能性を残した。


 残留を確定させた仙台からは、計算通りのCKからトリックプレーを決めたふたりをチョイス。ペナルティエリア外に出されたCKに走り込み、右足で見事な軌道のミドルシュートを叩き込んだ道渕諒平。セットプレーではキッカーを務め、守備でも相手シュートをかき出すなど大活躍の永戸勝也を評価した。


 そのほか、2ゴールを挙げ、守備でも中盤を制したG大阪のMF井手口陽介。素晴らしいランニングで貴重な先制点をマークし、決勝点となる2点目にも絡んだ磐田のMF松本昌也。ゴール前の鋭い嗅覚で先制点を挙げれば、豊富な運動量で2点目をアシスト、最後まで鹿島ディフェンスを苦しめた神戸のFW藤本憲明を選出した。【今節のベストイレブン】

GK

21 富居大樹(湘南)7/初選出

鋭い反応で決定機を阻止。最終ラインの背後も素早くケアし、かたや冷静なビルドアップも示した。


DF

27 松原 健(横浜)7/初選出

前線へ質の高いパスを供給し、的確なポジショニングでボールを出し入れ。ピンチを未然に防ぐカットやクリアは多数。エリキの2点目をお膳立てしたスルーパスは見事の一言。


13 チアゴ・マルチンス(横浜)6.5/2回目

エアバトルとカバーリングで強固な守備。球際でも激しさを見せて、タイトな寄せで相手のシュートミスを誘った。


4 坂 圭祐(湘南)6.5/2回目

空中戦を含めて相手の起点をケアし続けた。味方をカバーし、時に奪い、また背後も取らせなかった。


2 永戸勝也(仙台)7/4回目

1点目は練習通りのトリックプレーでペナルティエリア外の道渕にボールを送り、見事ゴールにつなげた。守備でも相手のシュートをゴール前でかき出す場面もあり、大活躍だった。


MF

16 齊藤未月(湘南)7/初選出

鋭い出足で寄せ、セカンドボールも回収し、ボックス内のピンチもフェアに阻んだ。スルーパスやミドルなど攻撃でも好機を演出した。


15 井手口陽介(G大阪)6.5/初選出

守備では激しさを見せながらも、インサイドハーフとして求められる攻撃の動きもスムーズに。小野瀬との連係もよく、ゴール前に入っていく意識も高かった。2得点は決して偶然ではない。

18 道渕諒平(仙台)7/初選出

立ち上がりから積極的にシュートを放って攻撃にリズムをつくり出し、練習通りの形で永戸のコーナーキックから右足でミドルシュートを叩き込み、試合の流れを大きく引き寄せた。守備でも相手のWBにプレッシャーをかけ続けていた。


14 松本昌也(磐田)6.5/初選出

ペナルティエリアの外から走り込むことでゴール前でフリーになりヘッドで先制点。チーム2点目もDFに当たったクロスのこぼれに反応した松本のシュートから。


FW

9 藤本憲明(神戸)6.5/3回目※大分在籍時を含む

カシマスタジアムは今季のJ開幕戦で、前所属の大分時代に2ゴールを決めている地。この日も1G1Aと相性のよさを発揮した。


THIS WEEK MVP

17 エリキ(横浜)8/2回目

試合序盤からキレのある動き。49分には松原のスルーパスを受けて、チーム2点目をゲット。さらに仲川のクロスからネットを揺らし、遠藤のチーム4点目をアシスト。献身的なハイプレスなど、攻撃でも守備でも抜群の存在感を放った。


※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。

採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

●は今シーズンのベストイレブン選出回数。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事