【J1展望】札幌×川崎|ACL出場権を懸け勝利必須の川崎を迎え、札幌はルヴァン杯決勝のリベンジを果たせるか

【J1展望】札幌×川崎|ACL出場権を懸け勝利必須の川崎を迎え、札幌はルヴァン杯決勝のリベンジを果たせるか

2019.12.6 ・ Jリーグ

シェアする

J1リーグ34節

北海道コンサドーレ札幌 - 川崎フロンターレ

12月7日(土)/14:00/札幌ドーム

 

北海道コンサドーレ札幌

今季成績(33節終了時):8位 勝点46 13勝7分13敗 53得点・47失点

 

【最新チーム事情】

●ルヴァンカップ決勝戦のリベンジへ。

●鈴木が目標の15点、ジェイが二桁得点目前。

●敗れれば順位を落とす可能性も。

●今週は積雪の影響があった。



 【担当記者の視点】

 前節は敵地で快勝し、3連敗を免れた。そうして迎えるホームでの最終節は、昨季最終戦のようにACL出場権が懸かった試合ではないが、相手が川崎とあって、やはりルヴァンカップ決勝のリベンジを果たすべくどの選手もモチベーションが高い。


 個人のところでも、鈴木は自身が目標とする15点まであと2、ジェイは二桁まであと1点となっており、彼らの得点意欲も高そうだ。ただし一方で、9位、10位のチームにも1ゲーム差以内に迫られており、ここで敗れれば順位を落としてフィニッシュとなってしまう可能性もあるだけに、なんとか勝点を積み上げたい。


 そして今週の札幌市内は降雪の影響で十分なトレーニングができず、そこが試合に影響しないことを願うばかりである。

 J1リーグ34節

北海道コンサドーレ札幌 ― 川崎フロンターレ

12月7日(土)/14:00/札幌ドーム

 

川崎フロンターレ

今季成績(33節終了時):4位 勝点57 15勝12分6敗 55得点・33失点

 

【最新チーム事情】

●前節は横浜に1-4で完敗。

●ACL出場権の獲得には勝つしかない状況。

●2トップを採用か?

 【担当記者の視点】

 すでに優勝の可能性が消滅した状態で臨んだ前節の横浜戦は1-4で完敗。ホーム最終戦で不甲斐ない戦いを見せてしまっただけに、今節は意地を見せたい。

 

 求められるのはリーグ3位までに与えられるACL出場権の獲得だ。ただし3位の鹿島とは勝点3差で、札幌戦に勝利するのはマストで、鹿島の敗戦も祈るしかない。

 

 今週のトレーニングでは横浜戦の敗戦を受け、“やるべきことをやり直す”意識を高め、前線は2トップと1トップで様々な組み合わせを試した。現状では小林と知念の2トップが予想される。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事