【J1採点&寸評】大分0-2C大阪|ポゼッションで圧倒したC大阪が、見事な2得点で快勝!MOMは攻守に貢献した中盤の要

【J1採点&寸評】大分0-2C大阪|ポゼッションで圧倒したC大阪が、見事な2得点で快勝!MOMは攻守に貢献した中盤の要

2019.12.8 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ31節]大分2-2G大阪/11月10日/昭和電工ドーム大分


【チーム採点・寸評】

大分 5.5

選手個々の強度が高く、集団としても規律のあるC大阪の守備網の前にシュート4本。ポゼッションでも大きく上回られ、2点目は完全に崩されての失点。力の差を見せつけられた。

 

【大分|採点・寸評】 

GK

1 高木 駿 5.5

3分に水沼の至近距離のヘディングをビッグセーブするも、結果的に2失点を喫す。


DF    

3 三竿雄斗 5.5

追う展開になった後半は積極的に攻撃参加がすることが多かったが、守備の時間が長かった。


5 鈴木義宜 5.5

1対1で負けることはなかったが、ボールを持たれる時間が長く、守備を安定させられなかった。


29 岩田智輝 5.5

ユースの大先輩・清武とのマッチアップは気持ちが入っていたが、それ以外は見せ場はなかった。

 

MF    

6 小林裕紀 5.5(HT OUT)

後方からビルドアップに参加しボールを受けたが、戦術変更により前半45分のみで交代となる。


7 松本 怜 5.5

攻撃の構築の場面でボールに絡んだが、局面を打開するような仕掛けはなかった。


40 長谷川雄志 5.5

効果的なパスのチラシが少なく、ボールを運ぶことも少なかった。無難なプレーに終始した。


50 田中達也 5

再三の仕掛けから決定機を作ろうと中央に切れ込むが渋滞を生んだ。ラストパスの精度も低かった。FW

14 小塚和季 5.5(83分OUT)

先制点のきっかけとなるFKを与えた。41分のオナイウへの浮き球はドンピシャだったが得点に至らず。


27 三平和司 5(66分OUT)

自陣でのパスミスが追加点のきっかけとなった。攻撃ではシュート0本に終わった。


45 オナイウ阿道 5

41分の決定機ではループシュートを放つがバーの上。相手を背負う場面が多かったがキープできず。

 交代出場

MF

44 ティティパン 6(HT IN)

3ボランチの一角として果敢に前線からボールを追い回した。周囲との連携が合わずムダ走りになることが多かったが、ミスを誘発するプレッシャーは迫力があった。攻撃では積極的にパスを受け、ボールを運んだが、ゴール前でしっかりブロックを組んだ相手に決定機を作るには至らなかった。それでも最後まで運動量は落ちず、持ち味は出せた。


FW

9 後藤優介 5(66分IN)

流れを変えるような抜け出しもなく、シュートに絡むこともなかった。不完全燃焼で終わった。


MF

23 嶋田慎太郎 ー(83分IN)

出場時間が短いなかで得意のドリブルで特徴を出した。ポストに当たったシュートは惜しかった。


監督

片野坂知宏 5.5

狙い所を定めても簡単にいなされ力の差を埋められなかった。後半は3ボランチにして中盤の構成力を高めようとしたが効果はなかった。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。【チーム採点・寸評】

C大阪 7

ポゼッションで相手を圧倒。相手に攻撃の時間を与えず、決定的な仕事をさせなかった。どのポジションにおいても個々の力の差を見せつけた。


【C大阪|採点・寸評】 

GK

21 キム・ジンヒョン 6.5

ビッグセーブを披露するような場面はなかったが、安定した守備と鋭いくさびのパスで起点にもなる。


DF    

2 松田 陸 6

機を見た攻撃参加は有効だった。2点目のヘディングの折り返しは身体能力の高さも見せつけた。


14 丸橋祐介 6

逆サイドとのバランスをとり、しっかり自分の役割を全う。対面の相手に対し隙を与えていなかった。

 

15 瀬古歩夢 6.5

オナイウとのマッチアップでは厳しく当たることで前を向かせず、起点を作らせず完封した。


22 マテイ・ヨニッチ 6

瀬古との連係がよく、スペースを埋め、カバーリングも完璧。最後まで崩れることはなかった。


MF

5 藤田直之 6.5

規律を守り、攻守で安定。サイド、前線との距離感に気を使い、周りの選手がプレーしやすそうに振る舞った。


MAN OF THE MATCH

11 ソウザ 7(90分OUT)

先制点の直接FKは見事。守備でも危険の芽を摘み、セカンドボールを拾い続け中盤を制した。


25 奥埜博亮 6.5

流動的に動き、前線のスペースメイクに一役買った。追加点のパスのようなシュートは手本のよう。FW

7 水沼宏太 6

逆サイドのクロスに対し、しっかりゴール前に顔を出した。クロスの精度も高かった。


8 柿谷曜一朗 6.5(90+2分OUT)

緩急つけたパスで大分の守備網を揺さぶり、54分の追加点は松田の落としをつなぎ見事なアシストに。


10 清武弘嗣 6(78分OUT)

古巣相手に気負うことなく、タッチ数の少ないパスで攻撃のリズムを生み出し、格の違いを見せつけた。

 

交代出場

MF

32 田中亜土夢 5.5(78分IN)

無理に攻めることなく、リードを守るためのプレーを忠実に実行した。


FW

19 鈴木孝司 ー(90分IN)

残りわずかな時間で2トップの一角に入り、逃げ切りに貢献した。


DF

3 片山瑛一 ー(90+2分IN)

トップの位置に入りクリアボールの収集に徹した。


監督

ロティーナ 6.5

チームの規律を守らせ、攻守で上回った。全く相手を寄せ付けない横綱相撲を披露。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事