「強すぎて吐きそうやった!」柏木陽介がユースOB会の写真を投稿!「最強メンバーだ」とファンも歓喜

「強すぎて吐きそうやった!」柏木陽介がユースOB会の写真を投稿!「最強メンバーだ」とファンも歓喜

2020.2.28 ・ Jリーグ

シェアする

 Jリーグは2月28日~3月15日に開催予定だった公式戦94試合(ルヴァンカップ16試合、リーグ戦78試合)の延期を決定している。


 そんな中、2月27日に浦和レッズに所属する柏木陽介が自身のインスタグラムを更新し、以下のようなコメントとともに仲間で集まっている集合写真を投稿した。


「昨年末の出来事。サンフレッチェユースOB会。ここの環境に身をおけたことがプロになれたと言っても過言ではない。素敵な先輩、後輩と楽しい時間を過ごしました。常に昔から一緒やった人たちに感謝の気持ちを持ち続けたいと思った日でした。みなさん今はすごく大変ですが、自分ができることを全部して、みんなで乗り越えて、また素晴らしい生活に戻れるようにしましょう」


 昨季まで浦和でチームメイトだった現京都サンガF.C.所属の森脇良太や、当時のユース監督の、森山佳郎U-17日本代表監督らも参加。2004年にクラブ初となる高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会の優勝、日本クラブユース選手権の連覇などを達成したレジェンドチームだ。

  この投稿にファンも歓喜し、以下のようなコメントを投稿した。


「最強メンバーだ」

「強すぎて吐きそうやった!」

「早く試合見たいです」

「森山さんも来てくれたんやね」


 また、現在の状況にも触れ、「今、通常の生活が送りにくくなっていますが、早く元に戻れると良いですね」というコメントも見られた。


 一昨年はリーグ最多の13アシストを記録していた司令塔も、昨年は負傷離脱を繰り返し、0アシスト。中断前に行なわれた、湘南ベルマーレとの開幕戦では先発出場し、随所にパスセンスを見せつけ勝利に貢献した。


 現在の状況では、先行きが不透明だが、再び”素晴らしい生活”に戻れることを期待したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事