【セルジオ越後】五輪延期で森保監督のA代表専任は不可避。決断できなかった協会は助けられたね…

【セルジオ越後】五輪延期で森保監督のA代表専任は不可避。決断できなかった協会は助けられたね…

2020.3.27 ・ Jリーグ

シェアする

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ついに東京五輪が1年程度の延期となってしまった。同じ日には、Jリーグが二度目の延期を発表して、J1はゴールデンウィーク明けの5月9日の再開を目指すことになった。


 全世界を巻き込んだまさに異常事態だ。ただ、だからこそ、それぞれがやるべきことを冷静にやっていかなくてはいけないよ。五輪にしろ、Jリーグにしろ、拙速な判断をしたり、煮え切らない議論をして判断を遅らせたりしては、事態が悪くなる一方だ。


 そういう意味で五輪に関しては、U-23日本代表監督も兼任していた森保監督をA代表に専念させる良いタイミング。迷うことなく日本協会が判断すべき局面だよ。五輪が延期になったことで、その五輪の強化日程とワールドカップ2次予選、最終予選の日程が重なってしまう。最終予選は2次予選の相手とは比較にならないから、五輪代表の強化試合に臨みながらA代表の指揮を執ることはまず不可能だし、それで万が一、予選敗退でもしたら目も当てられない。

 すでに、一部のメディアで森保監督の“兼任”を解く方向で協議が進むことになると報じられているけど、当然そういう流れにはなるよね。しかし、そもそも森保監督はA代表と五輪代表を兼務するようになって以降、五輪代表の強化にはほとんど関わることができていなかった。そのツケが回って、1月のU-23アジア選手権(五輪アジア最終予選)でのグループリーグ敗退にもつながっているんだ。


 それ以前から継続性のない選手起用や、3バックだったり4バックだったりという一貫性のないチーム強化には疑問符がついていたけど、技術委員会がもっとしっかり舵を取って評価していれば、より早期に専任へと方向転換できたはずだよ。結局、手をこまねいていた協会は五輪延期の判断に助けられたような形になったものの、兼任にこだわらずまっとうな判断ができていたら、2年は専任監督のもとで強化に打ち込めたわけだからね。


 まあ、大会直前になっての延期で、やっと収まるところに収まるようになるんじゃないのかな。

  一方でJリーグは今季、残りのシーズンでチームごとの不平等や不測の事態が起こる可能性もあることを理由に、“降格なし”とする措置を決めたね。その逆に昇格は“あり”だという。


 Jリーグとしては、不利を被って成績が悪かったチームに温情をかけようとしたんだろうけど、はっきり言ってこういう特例は賛成できないね。シーズン終了目前で中断して、そのまま順位が決まってしまうという状況ならいざ知らず、試合をやった上で“降格なし”とするのは、ちょっと腑に落ちない。


 降格なしで助かったチームが翌年は残留して、逆に前年に残留圏内にいたチームが翌年は降格することになったら、そのチームのファン・サポーターはどう思うだろう? 緊急措置とはいえ、なんだかシラけた雰囲気にならないかな?

 だいたい日本ほど、ルールをコロコロ変えたがる国はないんだ。いったん2シーズン制にした時も、なんで勝点を一番取っているチームが優勝じゃないのか、なんて議論があって、優勝チームなのに素直に喜べないという状況もあった。こういう違和感を作り出すと、見る側もそれを敏感に感じ取って、Jリーグから離れていく可能性もあると思うよ。


 頻繁にルールを変えているようでは、伝統や価値は生まれない。やはり継続してこそ、そこに歴史が生まれ、価値が高まる。僕はそう思うよ。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事