サッカー関係者54人が選んだ「Jリーグ歴代ベスト11」の最強メンバーは? 最多得票は日本が誇る司令塔!

サッカー関係者54人が選んだ「Jリーグ歴代ベスト11」の最強メンバーは? 最多得票は日本が誇る司令塔!

2020.5.22 ・ Jリーグ

シェアする

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、Jリーグ26年の歴史を振り返る『Jリーグ歴代ベストイレブン』企画を実施。現役選手、元日本代表、サッカーを愛するタレントなど、50名にアンケートを行ない、2019年までに登録された全Jリーガーの中でそれぞれが思う“マイベストイレブン”を決めてもらった。


 本稿では、サッカーダイジェストWebのみで公開した田中達也、永島昭浩氏ら4名を含めた総勢54名のベストイレブンを集計し、投票数の多かった選手・監督で「ベスト・オブ・ベストイレブン」を作成。主な選定者のコメントとともに紹介していく。なお、ベストプレーヤーは投票数が最も多かった選手としている。

 

――◆――◆――

 

GK

●楢崎正剛(元名古屋ほか)……24票

【主な選定者コメント】

「ピンチの時のビッグセーブが印象深かった」(森重真人/FC東京)

「J1最多出場記録は偉大だし、超人的なセーブも印象的。『正剛(セイゴウ)』という名前も良い」(ペナルティ・ワッキー/タレント)

「J1最多631試合の出場を誇る。2010年に名古屋が初優勝した時、リーグで2番目に多い被シュート数も失点は3番目に少ない数字だった」(二宮寿朗/スポーツライター)

 DF

●井原正巳(元横浜Mほか)……17票

【主な選定者コメント】

「“アジアの壁”、プレーも熱い!自分がレンタル福岡に移籍していた時の監督が井原さんで、前からのプレッシングなど守備のやり方を叩き込まれました」(仲川輝人/横浜)

「1歳下の井原とは一緒に戦ってきてその凄さを見てきた。代表のキャップ数は歴代2位タイの122試合。この実績が能力の高さを証明している」(福田正博/解説者)

「Jリーグ史上最高のDF。図抜けたフィジカルと集中力、そして対人プレーの圧倒的な強さ。絶対的な信頼を寄せられる名手だ」(マイケル・プラストウ/英国記者)

 

●田中マルクス闘莉王(元名古屋ほか)……32票

【主な選定者コメント】

「DFとして必要な要素をすべて持っているし、攻撃センスも抜群」(小野伸二/琉球)

「浦和と名古屋でチームを優勝に導き、そのプレースタイルは唯一無二」(岩政大樹/解説者)

「主にDFだが、J1通算75得点。FW顔負けの歴代31位である。得点力の高さに改めて驚かされる」(清水英斗/サッカーライター)

 

●中澤佑二(元横浜ほか)……25票

【主な選定者コメント】

「史上最高のCBだと思っている。空中戦と1対1の強さ、判断の確かさ、危機管理能力、守備組織のオーガナイズなど、守備者として必要なものを持ち合わせていた」(出嶋 剛/共同通信社)

「高さが特徴で、スピードや強さも備えているセンターバック。鉄壁の守備を整えるうえで、欠かせない選手」(田中達也/新潟)

「空中戦に強く、安心感がある」(大久保嘉人/東京V)MF

BEST OF BEST PLAYER

●遠藤保仁(G大阪)……34票

【主な選定者コメント】

「ガンバに長くいて、サポーターにずっと語り継がれ、一生記憶に残る選手。レジェンドで、チームの『ミスター』と呼んでいいよ」(セルジオ越後/解説者)

「守備力があるし、バランスを取って冷静に試合をコントロールできる」(永島昭浩/解説者)

「もう安定ですよ。PKのメンタルの強さもですけど、10年の南アフリカ・ワールドカップのFKはマジで喜びを爆発させて応援してました!!」(ぺこぱ・シュウペイ/タレント)

 

●アンドレス・イニエスタ(神戸)……13票

【主な選定者コメント】

「この人は別格。簡単に飛び込めない間合いがあり、一瞬の動きが速い!!」(仲川輝人/横浜)

「Jで活躍してきた各国の代表選手の中でも、その能力は異次元。派手さはないけど、淡々と当たり前に凄いプレーをする」(福田正博/解説者)

「そのプレーは変幻自在で、鮮やかに敵の裏を取る」(小宮良之/スポーツライター)

 

●中田英寿(元平塚)……14票

【主な選定者コメント】

「プロ1年目から実力がずば抜けていた。クレバーな司令塔で強烈なミドルも兼備」(岩本輝雄/解説者)

「平塚にいた10代の頃から、のちにアジア最高の選手になるだけのメンタルが備わっていて凄かった」(早野宏史/解説者)

「“チームを勝たせる”それができる男」(小野伸二/琉球)

 ●中村俊輔(横浜FC)……29票

【主な選定者コメント】

「対戦して“嫌な選手”。どうすれば試合を動かせるか、理解している。だから読み合いというか、対戦していて非常に面白い」(中村憲剛/川崎)

「唯一の“2度のMVP受賞者”という実績が光る。海外での経験をJに伝えるという意味でも貢献度は大きい」(二宮寿朗/スポーツライター)

「日本を代表するプレーヤーのひとりですよね。タメをつくることができる」(田中達也/新潟)

 

●小野伸二(琉球)……17票

【主な選定者コメント】

「ボールを持つたびにワクワクさせてくれる。大好きなプレーヤー」(坪井慶介/解説者)

「“100年にひとりの天才”。蹴るというより、ボールを意のままに手なずける。ただならぬタッチを見るだけで酔える」(岸名章友/日本経済新聞社)

「特別な才能を持った日本が誇る天才」(風間八宏/解説者)FW

●ストイコビッチ(元名古屋)……18票

【主な選定者コメント】

「『我々はサッカーをなめてたのかな』と思ってしまうほど技術が高かった」(早野宏史/解説者)

「優れた技術と未知のアイデアでJに“革命”をもたらした」(浅田真樹/スポーツライター)

「自由なプレーは諸刃の剣。ただそれも魅力のひとつ」(福田正博/解説者)

 

●三浦知良(横浜FC)……16票

【主な選定者コメント】

「Jリーグの初代MVPで、日本サッカーを初期から支えてきただけに外す理由がない」(中西永輔/解説者)

「説明不要のキング!ずっと憧れです」(岩政大樹/解説者)

「練習を観に来ていたサポーター全員とコミュニケーション。そのサービス精神に驚かされました。年齢をまったく感じさせないスーパーレジェンド」(佐藤美希/Jリーグ名誉マネージャー)

 監督

●イビチャ・オシム(元市原)……16票

【主な選定者コメント】

「日本代表で僕は新しい扉を開けてもらえました。オシムジャパンのさらなる先を見たかった」(中村憲剛/川崎)

「様々な名言を残し、日本が世界で戦うヒントをくれた。低迷していたジェフを蘇らせた手腕も流石でした」(小島伸幸/指導者)

「選手時代はテクニシャンとして鳴らしたこともあり、技術を第一に考える方で、私と思考が重なる部分がありました。それに個性を伸ばす手腕にも長けている」(風間八宏/解説者)

 

<選定者一覧>

■現役プレーヤー

仲川輝人(横浜)、中村憲剛(川崎)、小野伸二(琉球)、森重真人(FC東京)、大久保嘉人(東京V)、柏木陽介(浦和)、田中達也(新潟)、橋本英郎(今治)

■解説者

風間八宏(元日本代表/元川崎監督など)、福西崇史(元日本代表/元磐田など)、福田正博(元日本代表/元浦和)、岩本輝雄(元日本代表/元平塚など)、セルジオ越後(元藤和不動産など)、清水秀彦(元横浜M監督など)、早野宏史(元横浜M監督など)、松木安太郎(元日本代表/元V川崎監督など)、三浦泰年(元日本代表/元鹿児島監督など)、名良橋晃(元日本代表/元鹿島など)、中西永輔(元日本代表/元市原など)、坪井慶介(元日本代表/元浦和など)、播戸竜二(元日本代表/元G大阪など)、巻誠一郎(元日本代表/元千葉など)、岩政大樹(元日本代表/元鹿島など)、永島昭浩(元日本代表/元神戸など)

■指導者

小島伸幸(元日本代表/群馬GKコーチ)

■識者

後藤健生(サッカージャーナリスト)、加部究(スポーツライター)、西部謙司(サッカージャーナリスト)、佐藤俊(スポーツライター)、浅田真樹(スポーツライター)、元川悦子(フリーライター)、熊崎敬(スポーツライター)、二宮寿朗(スポーツライター)、小宮良之(スポーツライター)、河治良幸(サッカージャーナリスト)、飯尾篤史(スポーツライター)、清水英斗(サッカーライター)

■タレント

平畠啓史(Jリーグウォッチャー)、ペナルティ・ワッキー(お笑いタレント)、佐藤美希(Jリーグ名誉マネージャー)、ぺこぱ・シュウペイ(お笑いタレント)

■記者

出嶋剛(共同通信社)、前田悠介(時事通信社)、清水寿之(朝日新聞社)、丹下友紀子(毎日新聞社)、益子浩一(日刊スポーツ新聞社)、内田知宏(報知新聞社)、飯間健(スポーツニッポン新聞社)、松落大樹(デイリースポーツ)、岸名章友(日本経済新聞社)、唐沢裕亮(東京新聞社)、久保武司(夕刊フジ)、マイケル・プラストウ、白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

※順不同


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事