世代屈指のレフティが西川潤に続き世界を驚かせるか?神村学園のスーパー1年生がU-16日本代表の主役を担う

世代屈指のレフティが西川潤に続き世界を驚かせるか?神村学園のスーパー1年生がU-16日本代表の主役を担う

2020.7.28 ・ 日本代表

シェアする

 繊細な左足のタッチに一撃必殺のスルーパス。ボールを持てば、観る者をワクワクさせる。神村学園の大迫塁。1年生ながらチームのエースナンバー・14番を託された有望株だ。


 大迫が初めてその名を全国に轟かせたのは昨年10月の茨城国体。16歳以下で構成される少年男子の部で鹿児島県選抜に名を連ねると、中学3年生ながら主力として活躍。年上の相手を向こうに回し、確かな技術で存在感を発揮した。


 その大迫は今春に神村学園の高等部へ進学。有村圭一郎監督は入学前の2月の時点で大迫にエースナンバーを託す意向を持っていた通り、高校1年生ながら、すでにトップ下やサイドハーフの位置で攻撃の中核を担っている。


 所属クラブでさらなる飛躍が期待されている中で、もうひとつ忘れてはならないのがU-16日本代表でのプレーだ。特に今年は11月下旬にU-16アジア選手権が開催される。ワールドカップの出場権が懸かっており、チームの主軸候補として歩みを止めているわけにはいかない。


 神村学園中時代から将来を嘱望されていたレフティは世代別代表にも継続的に名を連ね、昨年9月のU-16アジア選手権予選ではU-15日本代表の一員として全3試合に出場。2試合目のU-15カンボジア代表戦ではキャプテンマークを巻くなど、森山佳郎監督は技術だけではなくリーダー候補のひとりとしても大きな期待を寄せている。


 大迫は7月22日から千葉市の高円宮記念・JFA夢フィールドで開催されたU-16日本代表候補合宿にも順当に名を連ねた。ただ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今回のキャンプが今年初めての活動。誰もが所属チームで満足のいくトレーニングを積めていなかったものの、大迫は25日の紅白戦ではボランチやサイドハーフのポジションでパスセンスの高さを発揮する。


 得意のスルーパスこそ鳴りを潜めたが、気の利いたポジショニングと視野の広さを生かした展開力で攻撃を牽引。CKからもチャンスに絡み、非凡な才能を垣間見せた。チーム立ち上げ当初から見てきた森山監督は大迫の可能性についてこう話す。


「右サイド(ハーフ)もやってもらいましたが、所属チームではインサイドハーフを主にやっているので、(攻撃センスを)ボランチで生かしたい。ただ、サイドの位置から中に入り、ポジションに囚われずにもう少し2トップに近い位置で仕事をさせてみたい。なので、今回はそのチャレンジもさせました」

  ただ、今回の合宿で課題がなかったわけではない。ゴールに絡めなかった点と守備面だ。特にディフェンスでは神村学園で馴染みのない中盤の底でプレーしたため、ボールへのアプローチやプレスのかけ方は改善の余地を残した。


「いろんなことができる選手にはタスクを与えないといけない。大迫はボランチで圧力や(守備の仕事)量の部分でまだまだ要求を満たしていないので、そこは成長してほしいですね。その上で得意な攻撃的なポジションで新しい使い方もできるようにしてもらいたいので、そのような話はこちらからも働きかけたい」(森山監督)


 守備に関しては所属する神村学園の有村監督も課題として上げていたポイントでもある。


「ボランチの守備は不用意に飛び込めないので、遅らせる守備をすることが多くなる。チームではシャドーやサイドハーフをやらせていて、ファーストDFになることが多い。なので、大迫は後ろのポジションに入った時の守備を整理している段階だと思います。そこはまだ足りないところで、特にボールを奪うことに関してはまだまだ」


 得意の攻撃だけなく、守備面でもチームに貢献できれば選手としてもうひとつ上のレベルにいける。本人も自身のウィークポイントを理解しており、「森山さんが(神村学園の)試合を視察してくれて、その際に守備をもう少し意識してやったほうがいいと言われていました、なので、そこは強く意識してプレーをしています」と課題と向き合いながら合宿に参加していた。


 大舞台の出場権を懸けたU-16アジア選手権まで残り4か月。限られた時間でどこまで自身を高められるか。大迫は言う。


「ワールドカップは世界のトップトップが集まる大会。自分が通用するところや日本がどこまで通用するかを試したい。その中で上を目指したいし、優勝を目指せるチームだと思うので、チームの中心になって戦いたい」


 昨秋のU-17ワールドカップで主軸として活躍した西川潤(C大阪)、若月大和(シオン)のように世界を驚かせるポテンシャルは十分にある。大迫は攻守で“試合を決める”選手となり、U-16日本代表で主役の座を掴み取る。


取材・文●松尾祐希(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事