「もはや芸術作品だ!」香川真司が披露した“バッキバキ肉体美”にファン反響!「仕上がってる」

「もはや芸術作品だ!」香川真司が披露した“バッキバキ肉体美”にファン反響!「仕上がってる」

2020.8.2 ・ 日本代表

シェアする

 先行きが定まらない状況に、日本サッカーの至宝も苛立ちを隠せない。


 現地土曜日、ラ・リーガ2部のレアル・サラゴサでプレーする香川真司が公式インスタグラムを更新。自宅トレーニングの模様を収めた2枚の写真を投稿した。


 1枚目は腕立て伏せに精を出し、2枚目ではバイク漕ぎを終えて汗びっしょりになった香川を捉えている。とりわけ目を引くのが2枚目のショットで、むき出しの上半身は腹筋が完璧に割れてまさに筋骨隆々。自宅でもハードに追い込んでいる様子が十二分に伝わってくる。


 そして香川は熱い想いをメッセージで吐露。「プレーオフはいつだ? 俺たちは準備出来ている。ラ・リーガよ早く決めてくれ!」と訴えかけたのである。


 7月20日に行なわれた2部最終節で、サラゴサは貴重な3ポイントを奪取してリーグ3位の座を確保した。3~6位の4チームで争われる昇格プレーオフ進出を決めたのだが、レギュラーシーズンはまだあと1試合が未消化のまま。プレーオフ参戦の可能性を残す8位フエンラブラダにコロナ感染者が出たため、柴崎額を擁するデポルティボ・ラ・コルーニャとの一戦が開催されていないのだ。昇格プレーオフの日程も確定しない状況が10日近く続いており、当該チームや選手たち、そしてサポーターをヤキモキさせている。


  今回の投稿をチェックしたインスタ・フォロワーからは「すんごい肉体美!」「仕上がってる」「カッコイイ!」「腹筋やば!」「もはや芸術作品だ」といった反応のほか、「ラ・リーガはなにやってんだ!」「スペインの恥よ」「よくぞ言ってくれたシンジ!」「真司君の顔もご立腹気味に見えます」などなど、香川の苦言に賛同する声も数多く寄せられている。


 はたして近日中に事態に進展は見られるのか。3位のサラゴサは6位チームを本拠地に迎えて、プレーオフ準決勝を戦う予定だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事