「タケはとてもよくやっている」バルサに大敗も“仕掛けた”久保建英をエメリ監督が高評価!「学んでほしいのは…」

「タケはとてもよくやっている」バルサに大敗も“仕掛けた”久保建英をエメリ監督が高評価!「学んでほしいのは…」

2020.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間9月27日に開催されたラ・リーガ第3節で、久保建英が所属するビジャレアルが、ロナルド・クーマン監督の公式戦初陣となるバルセロナと対戦し、0-4の大敗を喫した。


 開幕2試合を1勝1分けと無敗で敵地カノウ・ノウに乗り込んだビジャレアルだったが、前半から圧倒される。


 開始15分にアンス・ファティに先制ゴールを奪われると、その4分後にもこの17歳にGKセルヒオ・アセンホのニアサイドを抜かれて失点。34分には、このファティへのファウルでPKを献上し、これをリオネル・メッシに決められて、0-3となる。さらに、44分にもCBパウ・トーレスのオウンゴールで4点目を奪われ、前半で勝負は決してしまった。


 ビジャレアルのウナイ・エメリ監督は試合後、「前半悪かったのはわたしの責任だ。ファンの皆さんにお詫びしたい」と謝罪した。スペイン紙『AS』などが伝えている。

  ただ、後半は持ち直して追加点を奪われなかっただけでなく、バルサのゴールにも迫った。とりわけ、74分にサムエル・チュクウェゼに代わって久保が右サイドに入ってから、攻撃が活性化されたのは明らかだった。


 唯一の枠内シュートを放つなど、果敢に仕掛けた日本代表MFについては、エメリ監督も満足しているようだ。


「タケはすべてのゲームで貢献してくれている。攻撃的なポジションならどこでもできるが、右サイドだと非常に快適にプレーする。そのエリアで、いつ休んで、いつスイッチを入れるのかを学んでもらいたい。とはいえ、彼はとても上手くやっていると思う」


 とはいうものの、実際にチャンスを与えたのは16分のみだった。短い時間でアピールしている19歳を指揮官はいつ先発で送り出すのか。次節のアラベスが中2日で控えているだけに、ここは起用のしどころだが……。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事