「これぞスキル、これぞマジックだ」久保建英がリーガ公式の超絶スキル集で“凄テク”を披露!腰を掴まれながらも…

「これぞスキル、これぞマジックだ」久保建英がリーガ公式の超絶スキル集で“凄テク”を披露!腰を掴まれながらも…

2020.10.16 ・ 日本代表

シェアする

 ラ・リーガの公式ツイッターは10月15日、第4、5節の中から厳選したスキル集を配信した。


 英語版では、「これぞ才能、これぞスキル、これぞマジック。最高の瞬間をお楽しみにください」と綴られた1分の動画に、ビジャレアルの久保建英も堂々の登場。アラベス戦で敵に腰のあたりを掴まれながらも、巧みなドリブルで振り切るシーンがピックアップされている。


 そのほか、リオメル・メッシとアンス・ファティ(ともにバルセロナ)、ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー)、ナビル・フェキル(ベティス)、ルーカス・オカンポス(セビージャ)、そして久保の同僚であるジェラール・モレーノらが、それぞれ華麗なドリブルや柔らかいトラップ、足裏を使った超絶フェイントなどを披露している。


 錚々たるメンバーとともにセレクトされた久保だが、開幕5試合でのプレータイムはわずか54分。自慢のスキルを見せる時間は限られている。


 18日に開催される第6節のバレンシアとのダービーでは、スペイン代表の招集中に負傷したジェラールが欠場確実。ウナイ・エメリ監督が採用すると見られる4-3-3では、久保が得意とする右ウイングを担ってきたエースの離脱で、日本の至宝が初スタメンを飾る可能性が出てきた。


 指揮官がライバルのサミュエル・チュクウェゼとどちらを先発に指名するのか。注目が集まっている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事