「なんてこった!」「極上のアシストだ」久保建英の“絶妙ヒールパス”に現地メディア驚愕!

「なんてこった!」「極上のアシストだ」久保建英の“絶妙ヒールパス”に現地メディア驚愕!

2020.10.19 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間10月18日に開催されたラ・リーガ第6節で、久保建英の所属するビジャレアルが、同じ州のライバルであるバレンシアとのダービーに臨み、2-1で勝利した。


 エースのジェラール・モレーノが故障で離脱したことで、先発も期待された久保は6戦連続のベンチスタート。出番が回ってきたのは、1-1で迎えた63分だった。


 サミュエル・チュクウェゼに代わり、これまでで最も早い時間帯に投入された日本代表MFは、6分後の69分にいきなり魅せる。左サイドのモイ・ゴメスの強めのパスはややトラップが流れたものの、咄嗟に右足でヒールパス。これを受けたダニエル・パレホが放った強烈なシュートが敵DFにリフレクトして、ネットに突き刺さった。


 公式記録では今シーズン初のアシストはつかなかったもの、決勝点となるゴールを演出した久保のヒールパスに、現地メディアが称賛を贈っている。


 スペイン紙『AS』の電子版は、「なんてこった、クボ! パレホがゴラッソを決めるための、極上のアシストが発明された」との見出しでこのシーンの動画を掲載。「パレホがスコアボードを2-1とするのを助けた、素晴らしいお膳立て」と称えている。


 その後、故意ではなかったものの、危険なファウルで2枚のイエローカードを受け、プロキャリア初の退場を強いられることになった久保。ゴールに絡む仕事をしていただけに、本人も無念だろう。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事